(最終更新日:2017-10-11 08:11:25)
   ウタガワ コウイチ    UTAGAWA Koichi
   歌川 光一
   所属
人間社会学部 初等教育学科
 
現代教育研究所 所属教員
   職種
専任講師
 主担当科目
教育原理、教育史、教育哲学、教育学概説
 専門分野
教育学, 教育社会学, 教科教育学, 美学・芸術諸学 
 最終学位
博士(教育学)
 学歴
1. ~2016/12 東京大学大学院 教育学研究科 総合教育科学専攻 教育社会科学専修 生涯学習基盤経営コース 博士課程修了 博士(教育学)
2. 2010/04~2013/03 東京大学大学院 教育学研究科 総合教育科学専攻 教育社会科学専修 生涯学習基盤経営コース 博士課程単位取得満期退学
3. 2008/04~2010/03 東京大学大学院 教育学研究科 総合教育科学専攻 教育社会科学専修 生涯学習基盤経営コース 修士課程修了 修士(教育学)
4. 2004/04~2008/03 京都大学 教育学部 教育科学科 卒業 学士(教育学)
 職歴
1. 2017/04~ 昭和女子大学 人間社会学部 初等教育学科 専任講師
2. 2017/04~ 昭和女子大学 現代教育研究所 所員
3. 2016/10~2017/03 秋田大学大学院 理工学研究科 非常勤講師
4. 2015/04~2017/03 名古屋女子大学 文学部 児童教育学科 専任講師
5. 2013/04~2015/03 マンチェスター大学 研究員(非常勤)
6. 2013/04~2015/03 学習院大学 文学部 助教
 著書・論文歴
1. 2017/09 著書  歌川光一・水引貴子・井陽介編著『教員としての資質能力向上に向けた実践ポイント集』 (共著) 2017/09
2. 2017/04 著書  田中正浩編著『教育の質を高める教育原理』 (共著) 2017/04
3. 2017/03 著書  伊藤潔志編『哲学する教育原理』 (共著) 2017/03
4. 2017/02 著書  名古屋女子大学文学部児童教育学科編『教職・保育職シリーズ3 あたらしい教育をめざして』 (共著) 2017/02
5. 2016/12 著書  名古屋女子大学文学部児童教育学科編『教職・保育職シリーズ1 教職・保育職をめざす人のために』 (共著) 2016/12
6. 2016/09 著書  名古屋女子大学文学部児童教育学科編『教職・保育職シリーズ2 教育実習で効果的に学ぶために』 (共著) 2016/09
7. 2016/08 著書  名古屋女子大学編『名古屋女子大学免許状更新講習テキスト』 (共著) 2016/08
8. 2016/08 著書  名古屋女子大学文学部児童教育学科編『教員免許状更新講習の理解を深めるための教育・保育の論点ガイド』 (共著) 2016/08
9. 2016/08 著書  歌川光一・野内友規編『教職をめざす大学生のための青少年文化概論―教育の基礎的理解に向けて―』 (共著) 2016/08
10. 2016/04 著書  柴田邦臣・吉田仁美・井上滋樹編著『字幕とメディアの新展開―多様な人々を包摂する福祉社会と共生のリテラシー―』 (共著) 2016/04
全件表示(85件)
 学会発表
1. 2014/01 戦前期における苦学生と学資スポンサー―自叙伝の事例から―(京都大学)
2. 2012/10 Research on The Usefulness of Closed Captions TV Commercials3-Closed Captioning as a Form of Advertising Expression(福岡国際会議場)
3. 2012/10 Research on The Usefulness of Closed Captions TV Commercials2-Shared Needs of the Hearing-Impaired and People over 60(福岡国際会議場)
4. 2017/07 近代日本における中上流階級女子のたしなみ像―19世紀末から20世紀初頭東京の音楽文化に着目して―
5. 2016/06 授業デザイン選択型のe-learning学習用オンラインマニュアルの作成(学習院大学)
6. 2015/06 戦後の国会会議録における「道徳教育」をめぐる計量テキスト分析(学習院大学)
7. 2014/10 戦前期中学校校友会雑誌におけるアジア関連の記述およびその変容―校友会雑誌というメディアの可能性―(コロキウム「校友会雑誌記述にみる戦前期・中等諸学校生徒のアジア認識」)(日本大学)
8. 2012/12 20世紀初頭の女性雑誌付録絵双六にみる「楽器定義のジェンダー化」過程―雑誌の対象年齢層に着目して―(中野区男女共同参画センター)
9. 2012/10 戦前期における高等女学校同窓生ネットワークの特質―同窓会誌・校友会誌の分析を中心に―(同志社大学)
10. 2012/03 中学理科教科書におけるテキストの時系列比較―学習指導要領との対応に着目して―(広島市立大学)
全件表示(18件)
 講師・講演
1. 2017/09 日本教育史研究における「趣味」の再考に向けて―音楽の嗜みの研究から―
2. 2016/10 学校との関係作りの強化に向けて―「地域学校協働活動」「部活動顧問派遣制度」の事例―
3. 2012/10 ネットワークとしての学校文化―「同窓生」という存在―
 社会における活動
1. 2013/11~2014/12 さいたま市公民館運営審議会・委員
2. 2012/01~2013/03 埼玉県男女共同参画推進センターWithYouさいたま・利用者懇談委員
3. 2011/04~2102/08 日本教育学会特別課題研究「東アジアの教育―その歴史と現在―」事務局
4. 2010/05~2011/03 さいたま市自治基本条例検討委員
 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2016/03 合評会『クラシック音楽と女性たち』(青弓社)第2回 日本の章を中心に中野区産業振興センター
2. 2015/05 『発表会文化論』の発表会~『発表会文化論―アマチュアの表現活動を問う』書評会―東京藝術大学
 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~2017/03  戦前期中・上層女子の「音楽のたしなみ」の文化資本効果をめぐる実証研究 若手研究B 
2. 2011/04~2013/03  都市新中間層の「娘」教育における遊芸の位置と機能 特別研究員奨励費