(最終更新日:2017-06-03 13:39:03)
   オガワ トム    OGAWA Tomu
   小川 豊武
   所属
人間社会学部 現代教養学科
   職種
専任講師
 受験生・学生へのメッセージ
大学生活にはその後の人生に大きな影響を与えるような様々な「出会い」があります。「人」との出会いはもちろんですが、大学では特に「学問」との出会いが重要です。私にも学生時代に、自分の物事の捉え方や考え方を根本的に変えてくれるような学問との出会いがありました。それが現在専門にしている「社会学」「メディア研究」との出会いです。それらの学問との出会いは、それまで私が素朴に信じていた世の中の成り立ち――家族、学校、友人関係、メディア文化、そして自分自身――を根本的に覆してくれるほど衝撃的なものでした。「自分の世界観をいったん壊し、もう一度つくりあげていくこと」。みなさんも、昭和女子大学でそのようなエキサイティングな経験をしてみませんか!?
 ゼミ・研究室内容
テレビ、新聞、雑誌、映画、音楽といったマスメディアと社会とのかかわりについて、社会学・メディア研究の観点から探求していきます。その際、メディアの中身(番組、記事、作品の内容)よりもむしろ、それを取り巻く人々(テレビ局、新聞社、読者、視聴者など)の様々な実践に注目します。マスメディアやジャーナリズムに何らかの興味関心を持っていて、それを徹底的に探求していきたいという意欲を持った人の参加を望みます。
 学問のきっかけ
上のメッセージに書いた、学生時代の社会学・メディア研究との出会いがきっかけです。もう少し詳しく言うと、学部時代の指導教員の先生の講義や、紹介していただいた本が、とにかく面白くて仕方がなかったこと。その魅力がその後、一般企業に就職して社会人になってからも、私を捉えて離してくれなかったことが、きっかけです。
 主担当科目
「マス・コミュニケーション論」「メディア理論」「社会調査実習Ⅰb・Ⅱb」
 専門分野
社会学 (キーワード:メディア、コミュニケーション、若者) 
 最終学位
修士(社会情報学)
 学歴
1. 2001/04~2005/03 早稲田大学 教育学部 社会科社会科学専修(学際コース) 卒業 学士(学術)
2. 2009/04~2011/03 東京大学大学院 学際情報学府 学際情報学専攻社会情報学コース 修士課程修了 修士(社会情報学)
 職歴
1. 2012/04~2015/03 独立行政法人 労働政策研究・研修機構 人材育成部門 臨時研究協力員
2. 2013/04~2015/03 一般財団法人 社会調査協会事務局
3. 2013/04~2015/03 東京福祉保育専門学校 非常勤講師
4. 2015/04~2016/09 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
5. 2016/04~2016/09 武蔵大学 社会学部 非常勤講師
6. 2016/10~ 昭和女子大学 人間社会学部 現代教養学科 専任講師
 著書・論文歴
1. 2017/02 著書  二十一世紀の若者論―あいまいな不安を生きる (共著) 2017/02
2. 2016/10 著書  〈若者〉の溶解 (共著) 2016/10
3. 2015/04 その他 社会学者は、経営者とクリエイターの対談を どう見たか (単著) 2015/04
4. 2014/10 論文  若者言説はいかにして可能になっているのか――心理学的知としての「モラトリアム」の概念分析 (単著) 2014/10
5. 2014/01 論文  戦後日本における「青年」「若者」カテゴリー化の実践――1950~60年代の新聞報道を事例として (単著) 2014/01
6. 2013/10 論文  若年層の政治関心と趣味 ――「趣味活動」と「趣味嗜好」という観点から (共著) 2013/10
7. 2013/10 その他 「従業員を「スピリチュアルに」管理するとはいかなることか──ブルデューの「象徴暴力」概念に依拠した理論的研究」(書評) (単著) 2013/10
8. 2013/03 論文  若者のサブカルチャー実践とコミュニケーション - 2010年練馬区「若者文化とコミュニケーションについてのアンケート」調査 (共著) 2013/03
 学会発表
1. 2016/10/16 ブランド・アイデンティティ構築におけるデザインの有用性(日本マーケティング学会 マーケティングカンファレンス2016)
2. 2016/10/08 動機の文法としてのメディア論——若者言説における「メディア」概念 の用法に関する分析(第89回 日本社会学会大会)
3. 2015/10/25 萌芽研究プロジェクト報告 広告クリエーターはいかにして企業課題を解決しているのか―経営者とクリエーターの会話分析―(日本広告学会第46回全国大会)
4. 2015/09/26 広告クリエーターはいかにして企業課題を解決しているのか~経営者とクリエーターの会話分析~(日本広告学会2014年度第4回関東部会研究会)
5. 2015/09/20 現代若者文化の位相と地域性(9)都市度と音楽聴取スタイル(第88回 日本社会学会大会)
6. 2015/05/16 クリエーターから経営者への提言はどのように行われるのか(日本広告学会 クリエーティブ・フォーラム2015)
7. 2014/11/23 都市部の若者の「地元志向」「都心志向」を規定する要因とは何か――東京都練馬区の若年層を対象としたアンケート調査を事例として(第87回 日本社会学会大会)
8. 2014/11/08 ワークショップ「2000 年代以降のメディア文化をどう捉えるか? ―青少年の音楽生活に関する実態調査をもとに―」(日本マス・コミュニケーション学会 2014年度秋季研究発表会)
9. 2014/05/24 広告ターゲット分析 : 若年層の地元意識についての研究(日本広告学会 クリエーティブ・フォーラム 2014)
10. 2013/10 若者言説における心理学的知の作動――1970-2000 年代の「モラトリアム」概念の分析を事例として(第86回 日本社会学会大会)
全件表示(12件)
 講師・講演
1. 2015/05 デザイナーと研究者とコンサルタントによる、 “経営課題に応えるクリエイターとは?”特別放談企画
 資格・免許
1. 2016/06/01 専門社会調査士