昭和女子大学 教員情報   
   TOPページ   


  タナカ ナオコ
  田中 奈緒子   人間社会学部 心理学科   教授
■ 受験生・学生へのメッセージ
日常生活において抱いた疑問や関心は、心理学という学問領域ではどのようにとらえられているのでしょう。心理学という新たな視点で世界を見直してみませんか。
■ ゼミ・研究室内容
少人数のゼミです。各自が興味のある論文を収集しレジュメを作り発表し、意見交換を通して、興味関心を深めていきます。自ら設けたテーマに関し、感じ考え調べ発見していく創造的な活動として卒業論文執筆までの過程を楽しんでほしいと思います。
■ 学問のきっかけ
最初の職場である、警察少年課で多くの非行少年に出会い、彼らの持つ不安定さと成長の可能性に惹かれました。
■ 主担当科目
非行臨床心理学、犯罪心理学研究、臨床心理査定演習
■ 現在の専門分野
  臨床心理学 (キーワード:非行臨床) 
■ 最終学位
修士(教育学)
■ 著書・論文歴
1. 著書  少年院教育はどのように行われているか-調査からみえてくるもの-  (共著)  2014/07
2. 著書  教育とカウンセリング  (共著)  2006/06
3. 著書  非行犯罪臨床心理学  (共著)  2005/10
4. 著書  読んでわかる教育心理学  (共著)  1997/05
5. 著書  臨床事例から学ぶTAT解釈の実際  (共著)  1997/03
6. 著書  事例で学ぶ生徒指導・教育相談(小学校編)  (共著)  1996/04
7. 論文  成人初期の女性のキャリア変更過程-社会人経験を経て大学・大学院に再入学した女性を対象に-  (共著)  2011/03
8. 論文  試行カウンセリング実習の可能性と考慮点の実証的検討①  (共著)  2010/03
9. 論文  医療観察法における処遇決定に関する要因の分析  (共著)  2009/03
10. 論文  医療観察申し立て対象者225例の特性と処遇決定の現状  (共著)  2008/04
11. 論文  父親の生活実態と発達-就労・家庭状況、子育て関与との関連-  (共著)  2008/03
12. 論文  専業母親は「個」としての自分を意識しているか : 「個」としての自分と、妻としての自分・母親としての自分との関係  (共著)  2007/03
13. 論文  青年と成人における共感性と罪悪感の差異  (共著)  2007/03
14. 論文  理想自己と自尊感情との関連 - フリーターと学生との比較 -  (共著)  2005/03
15. 論文  サポート校生徒における信頼感の変化とソーシャルサポートとの関連  (共著)  2004/03
16. 論文  教育福祉職を希望した女子大学生のキャリア変遷過程に影響を及ぼす諸要因の検討(資料)  (共著)  2004/03
17. 論文  教育福祉職を希望した女子大学生のキャリア変遷過程に影響を及ぼす諸要因の検討  (共著)  2003/03
18. 論文  非行少年の自我構造に関する総合的研究  (共著)  2003/03
19. 論文  保育実習が学生の子ども観、保育士観におよぼす影響  (共著)  2002/03
20. 論文  女子青年の進路適応に関する一考察-大学卒業後半年の追跡調査-  (共著)  2001/03
21. 論文  学生相談における不登校学生の現状と対応  (共著)  2001/03
22. 論文  大学生の自我同一性とストレス  (共著)  2000/03
23. 論文  教育福祉職に就職を希望する女子大学生の職業選択-職業選択過程についての研究-  (共著)  2000/03
24. 論文  大学生の自己開示行動と知覚された自己効力感の関連についての検討  (共著)  1999/05
25. 論文  大学生肥満者における性格特性およびストレス対処方略の検討(2)-標準体重者・痩身者との抑うつ感情の比較から-  (共著)  1999/05
26. 論文  女子大学生の職業選択過程に関する基礎的研究 -鎌倉女子大学における教育・福祉関係への就職希望者を中心に-  (共著)  1999/03
27. 論文  希死念慮をもつ学生への危機介入ー認知療法的接近とスタッフの役割について-  (共著)  1999/03
28. 論文  日本におけるバウムテストに関する研究の概観  (共著)  1998/03
29. 論文  警察での少年相談における親子の態度の変容過程-少年の来談の有無による分析-  (共著)  1997/07
30. 論文  バウムテストに関する基礎的研究(第2報告)  (共著)  1997/03
31. 論文  女子青年の性同一性に関する研究  (共著)  1997/03
32. 論文  万引きで補導・検挙された少年の生活意識と犯行時の意識  (共著)  1996/08
33. 論文  バウムテストに関する基礎的研究(第1報告)  (共著)  1996/03
34. 論文  少年相談における措置とケースの変容に関する追跡調査  (共著)  1996/03
35. 論文  非行少年における無気力の構造とその関連要因  (共著)  1995/03
36. 論文  非行少年における無気力の構造とその関連要因  (共著)  1995/03
37. 論文  シンナー等有機溶剤乱用少年の吸引態様と心理特性  (共著)  1991/03
38. 論文  児童における規範意識の構造とその関連要因  (共著)  1990/03
39. 論文  小学生の社会化過程の研究(第2報)-教室場面でのルール・システムについての日米比較調査から-  (共著)  1987/12
40. 論文  授業場面での教師児童間の相互交渉におけるルールシステムからとらえた児童の社会化過程についての日米比較研究(予報)  (共著)  1987/03
41. その他 不適応と問題行動  (単著)  2009
42. その他 根拠に基づく犯罪予防と犯罪統計の批判的読解  (共著)  2008/03
43. その他 成果報告書 重要課題解決型研究事後評価「犯罪、行動異常、犯罪被害等の現象、原因と、治療、予防の研究」  (共)  2008/02
44. その他 法務省刑事局・保護局委託研究報告書「心神喪失者等医療観察法の運用状況の調査分析」  (共)  2007/12
■ 学会発表
1. 2013/11/03 アスペルガー障害者のTAT物語産出時の視線運動について(日本ロールシャッハ学会第17回大会)
2. 2013/09/29 矯正職の職業イメージの検討(日本犯罪心理学会第51回大会)
3. 2012/09/08 少年院教育職員の職業観―自由記述の内容分析(第50回日本犯罪心理学会)
4. 2011/08/06 Inmates in a Juvenile Training School for Boys:Transformation of Their Self-Concept and Interpersonal Relationships(16th World Congress of the International Society for Criminology)
5. 2010/09/18 少年院における教育の実態に関する実証的研究(1),(2)(日本犯罪心理学会第48回大会)
6. 2009/05/15 医療観察法申立てに至るまでの経緯について―施行当初における資料調査から―(第5回司法精神医学会大会)
7. 2009/02 医療観察法における決定内容と鑑定医との意見の不一致事例の分析(日本社会精神医学会第38回)
8. 2008/02 医療観察法における入通院の処遇判断に関する分析-精神鑑定書分析その2-(日本社会精神医学会第27回)
9. 2008/02 医療観察法における審判対象者と被害者との関係(日本社会精神医学会第27回(福岡国際会議場))
10. 2008/02 医療観察法鑑定における「共通評価項目」の有用性に関する予備的検討-精神鑑定書分析その1-(日本社会精神医学会第27回(福岡国際会議場))
11. 2007/12 医療観察法制度における処遇決定に関する要因分析(日本犯罪学会総会第44回)
12. 2007/03 医療観察制度における審判の現状および審判対象者の特性等に関する分析(日本社会精神医学会第26回)
13. 2003/08 教育・保育職就職者の初期キャリア Ⅲ ワーク・ファミリー・コンフリクト(日本教育心理学会第45回総会(大阪国際会議場))
14. 2002/11 .非行少年の自我構造に関する研究Ⅲ~Ⅶ(日本犯罪心理学会第40回大会(創価大学))
15. 2002/10 保育所実習が学生の子ども観,保育士観におよぼす影響 Ⅱ保育士観の変化(日本教育心理学会第44回総会(熊本大学))
16. 2001/09 女子大学生の希望キャリアパターンと個人志向性・職業的進路成熟との関連(日本教育心理学会第43回総会(名古屋国際会議場))
17. 2001/09 非行少年の自我構造に関する研究Ⅰ-社会行動特性について-(日本犯罪心理学会第39回大会(吉備国際大学))
18. 2000/10 学生相談における不登校学生の現状と対応(第38回全国大学保健管(神戸))
19. 2000/09 大学生の進学決定理由と職業に関する意識-性差を中心に-(日本教育心理学会第42回総会(東京大学))
20. 2000/09 幼稚園教諭・保育士の職場における初期適応-大学卒業後半年の追跡調査-(日本教育心理学会第42回総会(東京大学))
21. 2000/06 私化社会における個性重視の教育とは-青少年の不適応行動との関連から(神奈川県教育文化研究所所報2000,pp.16-19)
22. 1999/11 大学生の自我同一性とストレス(第37回全国大学保健管理研究集会(札幌))
23. 1999/08 教育・福祉職に就職を希望する女子大学生の職業選択 Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ(日本教育心理学会第41回総会(甲南女子大学))
24. 1999/01 大学生の自己開示行動と知覚された自己効力感の関連についての検討(第20回全国メンタルヘルス研究会(高松))
25. 1999/01 大学生肥満者における性格特性およびストレス対処方略の検討(2)-標準体重者・痩身者との抑うつ感情の比較から-(第20回全国メンタルヘルス研究会(高松))
26. 1998/11 希死念慮をもつ学生への危機介入ー認知療法的接近とスタッフの役割について-(第36回全国保健管理研究集会)
27. 1996/11 Baum test の判読適性化に関する試行(第34回全国保健管理研究集会)
28. 1996/10 警察での少年相談事例の変容過程に関する研究(日本犯罪心理学会第34回大会(専修大学))
29. 1995/11 非行少年にみられる無気力の構造とその関連要因 1 無気力の構造的把握(日本犯罪心理学会第33回大会(徳島文理大学))
30. 1993/10 万引き少年の生活意識(日本犯罪心理学会第31回大会(奈良女子大学))
31. 1991/02 人とのふれあいに乏しい子どもの世界(少年補導第419号,pp.20-24)
32. 1990/10 児童の教室内問題行動と規範意識-問題行動の類型とルールについての規範意識・しつけ認識による判別-(日本教育心理学会第32回大会(大阪大学))
33. 1989/09 シンナー等有機溶剤乱用少年に関する調査(日本犯罪心理学会第27回大会(大阪教育会館))
34. 1989/07 児童における規範意識・行動とその関連要因 (1),(2)(日本教育心理学会第31回大会(北海道大学ほか))
35. 1988/11 規範に対する児童の認識と感情1,2,3,4(日本教育心理学会第30回大会(鳴門教育大学))
36. 1987/10 授業場面における児童の行動の規定因 Ⅰ,Ⅱ(日本教育心理学会第29回大会(国立教育会館))
37. 1986/10 授業で用いられるルール・システムと児童の社会化との関連(日本教育心理学会第28回大会(九州大学))
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2012~2015/03  少年院における更生的風土の形成と展開に関する教育学的研究  基盤研究(B)  (キーワード:矯正教育)