キノシタ アキラ    KINOSHITA Akira
   木下 亮
   所属
人間文化学部 歴史文化学科
 
生活機構研究科 生活文化研究専攻
 
生活機構研究科 生活機構学専攻
   職種
教授
研究期間 2018/04~2021/03
研究課題 ムダルニズマ絵画研究
実施形態 科学研究費補助金
研究委託元等の名称 昭和女子大学
研究種目名 基盤研究(C)
採択科研究課題番号 18K00194
キーワード ムダルニズマ、サンティアゴ・ルシニョル、ラモン・カザス、バルセロナ、四匹の猫
科研費分類美術史
研究制度 (選択しない)
代表分担区分 研究代表者
代表者 木下 亮
概要 カタルーニャの芸術運動ムダルニズマにおける中心的な画家サンティアゴ・ルシニョルとラモン・カザスの1890年代から20世紀初頭までの創作活動を検証し、その作品制作を基に同時代のバルセロナの芸術的環境と共有された美の規範の独自性を明示する。