ノグチ トモタカ    NOGUCHI Tomotaka
   野口 朋隆
   所属
人間文化学部 歴史文化学科
 
生活機構研究科 生活文化研究専攻
   職種
准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2006/10
形態種別 学術雑誌
標題 「小城鍋島家における家臣団の由緒について」
執筆形態 単著
掲載誌名 『成立期の小城藩と藩主たち』
出版社・発行元 佐賀大学地域学歴史文化研究センター
巻・号・頁 30-37頁
概要 小城藩鍋島家では、本家から譲渡された家臣について、配属された時期毎に「83士」「77士」と区別して、他の家臣に対して優位性を誇り特定の身分格式を構成していた。本稿は、こうした区別がどのように発生して定着していくのかを一七世紀から一八世紀を主な分析対象として検討したものである。結果、由緒は、歴史的な事実であるかどうか曖昧な部分を含みながらも、身分格式を形成する極めて重要な機能を有していたことを実証した。