イハラ トモアキ    IHARA Tomoaki
   井原 奉明
   所属
国際学部 英語コミュニケーション学科
 
人間文化学部 英語コミュニケーション学科
 
文学研究科 英米文学専攻 博士前期課程
 
文学研究科 文学言語学専攻 博士後期課程
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/04
形態種別 大学・研究所等紀要
査読 査読あり
標題 「もの」概念について -「もの」=「マナ」説に関する考察-
執筆形態 単著
掲載誌名 学苑 英語コミュニケーション紀要
出版社・発行元 昭和女子大学近代文化研究所
巻・号・頁 (858),86-98頁
概要 「もの」の多義性が現象学的空間の異方性に基づいて生じることを論じ、「もの」の基本概念を明らかにした承前の研究を発展させた。太平洋文化圏に広がる「マナ」の日本における後嗣が「もの」であるという中西進氏の説を検討し、「もの」=「マナ」説だけでは「もの」の基本概念しか説明できないことを示した上で、空間の異方性および「おもて」「うら」「かげ」「奥行き」という補助概念を使えば、「もの」概念を包括的に説明できることを論証した。
ISSN 1348-0103