ウメガキ ケイゾウ    UMEGAKI Keizo
   梅垣 敬三
   所属
生活科学部 食安全マネジメント学科
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2004
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 種々のイチョウ葉エキスとプロアントシアニジンのラット肝臓Cytochrome P450活性に対する影響
執筆形態 共著
掲載誌名 食品衛生学雑誌
掲載区分国内
巻・号・頁 45(6),295-301頁
著者・共著者 杉山朋美, 篠塚和正, 佐野敦志, 山田静雄, 遠藤香, 山田和彦, 梅垣敬三
概要 イチョウ葉エキスのcytochrome P450(CYP)酵素誘導作用に関して,特にエタノール抽出とアセトン抽出の違いの影響を調べ,薬物代謝酵素の誘導という視点からイチョウ葉エキスの安全性に関して検討した.さらに,イチョウ葉エキス中のCYP酵素を誘導する成分について検索を行った.ラットでのイチョウ葉エキス過剰摂取による肝臓CYP酵素誘導作用は,イチョウ葉エキス製品の種類,特にエタノール抽出品とアセトン抽出品において大きな差異を認めなかった.in vitroにおいて,チョウ葉エキス成分の中でプロアントシアニジンがPROD活性を最も強く阻害したが,ラットではCYP酵素誘導作用が確認されず,CYP酵素誘導に関与するイチョウ葉エキス中の成分の特定には至らなかった