ナガオカ ミヤコ    NAGAOKA Miyako
   永岡 都
   所属
人間社会学部 初等教育学科
 
生活機構研究科 人間教育学専攻
 
生活機構研究科 生活機構学専攻
 
現代教育研究所 所属教員
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2010/06
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 小学校における小編成管弦楽の指導 ―R小学校「器楽クラブ」の編曲と演奏指導の事例から―
執筆形態 共著
掲載誌名 学苑 初等教育学科紀要
出版社・発行元 昭和女子大学
巻・号・頁 (第836号),14-32.頁
著者・共著者 高畠扶貴
概要 本研究は、小学校における小編成の管弦楽の指導法について、都内のR小学校の器楽クラブの事例をもとに、1)楽器の選択と管弦楽の編成方法、2)児童の心身の発達と楽器演奏能力の関係、3)原曲の音響を可能な限り保持する編曲方法、を検討し、次のような結論を得た。1)楽器の選択については、弦楽器、フルート、トランペット、打楽器を基本とし、ピアノパートを補完的に導入し、20名前後の編成にする。2)小学校中高学年の児童は、身長・肺活量ともに成人とは隔たりがあるが、精神的な面でのこの時期の発達により、技術的な問題をある程度クリアできる。3)編曲についても、複数楽器によるパートの補完や、楽器の変更などの工夫によって、小学生にも演奏可能にすることができる。編曲にあたっては、どのパートの演奏レベルが高いかを見極めることがポイントであるが、そのためにも指導者は児童の実態を充分に把握する必要がある。