カケガワ ノリコ    KAKEGAWA Noriko
   掛川 典子
   所属
女性文化研究所 所属教員
   職種
副所長
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2011/03
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 マリアンネ・ヴェーバー著「学問する女性のタイプ変遷について」(1917)(翻訳)
執筆形態 単著
掲載誌名 昭和女子大学女性文化研究所紀要
出版社・発行元 昭和女子大学女性文化研究所
巻・号・頁 (38),37-52頁
概要 マリアンネ・ヴェーバーの著書『女性問題と女性思想』所収の第12論文である「学問する女性のタイプ変遷」を翻訳した。19世紀末から20世紀初頭のドイツで、夫の社会学者マックス・ヴェーバーの勤務地ハイデルベルク大学にて、女性のための高等教育参入のためのサロンを主宰し、またドイツの市民的女性運動穏健派の指導者であったマリアンネが、大学で学ぶ女性たちのタイプの変遷を追った。ドイツ女性が大学で学ぶための条件の変化に伴い、女子学生のタイプを3類型に分類した内容である。この類型化はマリアンネ独自の女性論と密接な関連がある。
ISSN 0916-0957