イイノ ヒサカズ    IINO Hisakazu
   飯野 久和
   所属
食健康科学部 管理栄養学科
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
 
生活機構研究科 生活機構学専攻
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2011/01
形態種別 学術雑誌
標題 食品による腸内環境および皮膚機能改善効果
執筆形態 共著
掲載誌名 COSME TECH JAPAN
出版社・発行元 株式会社 じほう
巻・号・頁 1(1),70-75頁
著者・共著者 土橋英恵、木村勝紀、伊藤裕之、川島眞
概要 ヒト腸内環境を左右する腸内細菌叢との関連から、便秘傾向者の腸内環境では有意に細菌叢から生成される腐敗産物より炎症系シグナル伝達物質(サイトカイン)が促進あるいは非炎症系サイトカインが抑制されることから、プロバイオティックス乳酸菌に含有発酵乳(ヨーグルト)摂取より、皮膚機能改善効果を検証した。その結果、菌叢改善に伴う便性改善効果が認められるとともにサイトカイン誘導による皮膚機能改善効果が認められた。