イイノ ヒサカズ    IINO Hisakazu
   飯野 久和
   所属
食健康科学部 管理栄養学科
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
 
生活機構研究科 生活機構学専攻
   職種
教授
言語種別 日本語
形態種別 その他
標題 ラクチュロースの整腸作用に関する最小量の確認
執筆形態 共著
掲載誌名 日本食品科学工学会第64回大会要旨集
掲載区分国内
出版社・発行元 日本食品科学工学会
担当範囲 共同研究のため抽出不能
著者・共著者 境洋平、関信夫、濱野弘一、越智浩、阿部文明、飯野久和
概要 女子学生26名を対象に1g/日、2g/日、3g/日のラクチュロースをそれぞれ2週間ずつ摂取させた。各容量の摂取期との間には2週間の休止を設けた。この間、排便回数、排便日、便性状、並びに毎日の摂食記録を書かせた。また各摂取期の前・後の便中のビフィズス菌数を定量的PCR法により定量した。その結果1g/日、2g/日、3g/日のラクチュロース摂取により、いずれも有意に弁長のビフィズス菌数が増加した。