ワタナベ ユタカ    
   渡邊 寛
   所属
人間社会学部 心理学科
 
生活心理研究所 所属教員
   職種
助教
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2017/08
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 新しい男性役割尺度の開発と信頼性・妥当性の検討
執筆形態 単著
掲載誌名 心理学研究
掲載区分国内
巻・号・頁 88(33),251-259頁
著者・共著者 ◎渡邊寛
概要 男女平等の進展に伴い,男性役割も多様化している。本研究では,伝統的な男性役割とは異なる,新しい男性役割を測定する尺度を開発し,信頼性と妥当性を検討することを目的とした。研究1では,新しい男性役割尺度を次の4因子によって構成した。「女性への気遣い」,「家庭への参加」,「他者への配慮」,「強さからの解放」である。研究2では,各因子を最もよく表す項目を選定し,適合度が確かめられた。また,基準関連妥当性が検討され,一定の妥当性を有することが確認された。研究3では,再検査信頼性が検討された。「家庭への参加」では時間的安定性が低かったが,ほかの因子では時間的安定性が確認された。また,研究2において内的一貫性は十分に高かった。これらの結果を踏まえ,新しい男性役割尺度は一定の妥当性と信頼性を有した尺度であると考えられた。その上で,先行研究との対応が議論された。