マスダ カズヤ    MASUDA Kazuya
   桝田 和彌
   所属
生活科学部 管理栄養学科
   職種
専任講師
発表年月日 2015/07/12
発表テーマ Lactobacillus casei IGM394を用いたHPV16 E7ワクチンの開発
発表学会名 日本乳酸菌学会2015年度大会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 千葉県
発表者・共同発表者 赤間一望、田中健一、石浜峻、桝田和彌、佐々木泰子、川名敬、五十君靜信
概要 子宮頸癌前癌病変の治療を目的とした経口ワクチンを作成すべく、Lactobacillus casei IGM394株を宿主として、ヒトパピローマウイルス16型のE7抗原を細胞表面に固定化した組換え体を作出した。この組換え体をマウスに経口投与した結果、E7特異的IFN産生粘膜リンパ球数が有意に増加した。以上のことから、本組換え乳酸菌がHPV治療ワクチンとして機能することが示唆された。