マスダ カズヤ    MASUDA Kazuya
   桝田 和彌
   所属
生活科学部 管理栄養学科
   職種
専任講師
発表年月日 2016/03/29
発表テーマ Yersinia由来Invasinを細胞表層に提示する組換えLactobacillus caseiのCaco-2細胞を用いた評価及びその解析
発表学会名 日本農芸化学会2016年度大会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 北海道
発表者・共同発表者 田中健一、桝田和彌、梶川揚申、岡田早苗、五十君靜信
概要 Yersiniaの腸管侵入因子Invasinを発現する組換え乳酸菌をC2BBe1と共培養し、細胞内へ取り込まれる経路の評価を行った。Invasin発現乳酸菌はInvasin抗体により細胞内へ取り込まれる菌数が顕著に減少した。また、エンドサイトーシス阻害剤により細胞内への取り込みが有意に阻害されたことから、エンドサイトーシスにより細胞内へ取り込まれていることが示唆された。