ミナイ タカヒサ    MINAI Takahisa
   藥袋 貴久
   所属
グローバルビジネス学部 ビジネスデザイン学科
 
現代ビジネス研究所 所属教員
   職種
准教授
発表年月日 2015/01/20
発表テーマ そばファストフードのリポジショニング:そばファストフードの歴史と近年の動き
発表学会名 日本フードサービス学会 2014年度第4回研究部会
主催者 日本フードサービス学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 日本フードサービス協会(東京都港区浜松町)
発表者・共同発表者 藥袋貴久、小松裕長、中麻弥美、上原征彦
概要 かつて駅蕎麦店は、立喰い形式のクイックサービスを基軸に、駅構内の象徴的ファストフードとして繁栄してきた。一方、駅構内を立地の起点と捉えると、駅前の一等地、駅近郊のビジネス街といった同心円状に、異なるコンセプトを訴求する蕎麦ファストフード勢力が展開し、互いに安定して棲み分けてきた。この同心円は立地を原動力とし、芯に近づく程ファスト化する中心性を持った構図として理解できる。しかし近年、その更に外周エリアに、蕎麦の品質やヘルシーさを強調し長い滞留時間に対応した新しい提供形態で集客を試みる勢力が登場して、既存業態の論理に影響を与えつつある。本報告では、蕎麦ファストフードの出現を歴史的に整理した上で、注目すべき事例について、立地、ターゲット、サービスの提供形態、店内オペレーションを紹介し、業態の構造変化を検討する。