カスヤ ミサコ    KASUYA Misako
   粕谷 美砂子
   所属
人間社会学部 現代教養学科
 
女性文化研究所 所属教員
 
生活機構研究科 福祉社会研究専攻
   職種
准教授
発表年月日 2006/10
発表テーマ 校外実習の学習効果に関する検討-総合演習のあり方-
発表学会名 第53回日本栄養改善学会学術総会(於:茨城、つくば国際会議場)
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 共同研究者:粕谷美砂子、佐藤美奈、江口美紀、蕨迫栄美子
概要 (全体の概要)本報告は、校外実習の教育的効果を高めるために開講している「総合演習」のあり方を検討することを目的として、平成17年度校外実習履修者2年次生133名を対象として実施したアンケート調査結果の分析である。実習中の心がけとしては、社会性に関わることを心がけており、役に立った科目は、給食経営管理・実習、臨床栄養学・実習、調理学・実習であった。総合演習が役に立ったと思っている学生は93.9%と高く、この授業の有効性が明らかとなった。共同研究につき担当部分抽出不可能。