イソノ サトミ    ISONO Satomi
   礒野 さとみ
   所属
環境デザイン学部 環境デザイン学科
 
近代文化研究所 所属教員
   職種
准教授
発表年月日 2017/10/01
発表テーマ 昭和初期に山口県内で行われた台所改善に関する活動についてー福岡県築上郡角田村・黒土村への見学とその影響ー
発表学会名 平成29年度日本生活文化史学会大会
主催者 日本生活文化史学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
開催地名 神奈川大学 横浜キャンパス
概要 本研究では、山口県で昭和初期に行われた台所改善について、その活動主体が山口県学務部社会課である点に注視し、社会課が担当した勤倹奨励活動として台所改善を取り上げている点を明らかにした。そして活動の最初に山口県主催で開催された福岡県築上郡の角田村と黒土村への視察がある。この視察による影響としては、その後の同所への視察、県の学務部社会課による冊子刊行などのほか、頼母子講を用いた台所改善活動をあげることができる。