トモノキヨフミ    TOMONO KIYOFUMI
   友野 清文
   所属
総合教育センター 所属教員
 
女性文化研究所 所属教員
 
現代教育研究所 所属教員
 
生活機構研究科 人間教育学専攻
   職種
教授
発表年月日 2014/09/20
発表テーマ 男性(主夫)が気持ちよく家事や育児ができる環境について
発表学会名 日本ジェンダー学会第18回大会
主催者 日本ジェンダー学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 島田直子
概要 共同発表者と行った「主夫アンケート」をもとに、現在の日本での「主夫」の現状と意識について報告を行った。アンケートのサンプルは多くはなかった(約30名)が、主に家事育児を担当するようになった経緯、日常生活の様子と課題、「主夫」としての意識などを具体的に紹介した。ただし「主夫」をどのように定義するのかについては今後の課題となった。