ツノダ ユミコ    TSUNODA Yumiko
   角田 由美子
   所属
生活科学部 環境デザイン学科
 
生活機構研究科 環境デザイン研究専攻
 
生活機構研究科 生活機構学専攻
   職種
教授
発表年月日 2015/05/23
発表テーマ レザージャケットの温熱快適性の評価
発表学会名 日本家政学会第67回大会
主催者 一般社団法人 日本家政学会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 岩手県 いわて県民情報交流センターアイーナ
発表者・共同発表者 角田由美子、三木麻未、石川亜沙美
概要 レザージャケットは秋冬以外にはあまり着用されていないが、近年の様々なレザーの加工により、秋冬以外でも着用可能であると考える。そこで本報ではレザージャケットの着用実験を行い、素材の評価の結果と比較検討して温熱快適性の評価を行った。その結果、 1)レザーは、繊維素材と比べて衣服内温度が低く、発汗後に上昇した衣服内湿度は速やかに放湿され、官能評価も良好であった。中でもパンチングレザーは他 の素材よりも優れていた。2)20℃,65%RH、25℃,65%RHの環境下における衣服内気候シミュレーションの湿度と着用実験の衣服内湿度は、高い 相関が認められた。さらに衣服内気候シミュレーションの湿度は、官能評価の不快感、湿潤感に高い相関が認められた。