(最終更新日:2019-02-14 16:24:13)
   オオモリ ミキマサ    OMORI Mikimasa
   大森 幹真
   所属
人間社会学部 心理学科
 
生活心理研究所 所属教員
   職種
助教
 主担当科目
心理基礎実験、データ解析実習
 最終学位
博士(心理学)
 職歴
1. 2014/04~2016/03 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 知的障害研究部 外来研究員
2. 2014/04~2016/03 慶應義塾大学 文学部 非常勤講師
3. 2016/04~ 昭和女子大学 人間社会学部 心理学科 助教
 著書・論文歴
1. 2019/02 論文  女子大学生・大学院生における書字運動と視線パターンの関連 (単著) 2019/02
2. 2018/06 論文  Kanji writing acquisition through sequential stimulus pairing in Japanese students with writing difficulties (共著) 2018/06
3. 2018/05 論文  Modeling training of child's echoic conversational response for students with autism spectrum disorder: To be a good listener. (共著) 2018/05
4. 2017/11 論文  Applied Machine Learning Method to Predict Children With ADHD Using Prefrontal Cortex Activity: A Multicenter Study in Japan. (共著) 2017/11
5. 2017/05 論文  Sentence reading comprehension by means of training in segment-unit reading for Japanese children with intellectual disabilities. (共著) 2017/05
6. 2017/04 論文  Predictive factors of success in neurofeedback training for children with ADHD. (共著) 2017/04
7. 2015/01 論文  Spelling instruction by stimulus pairing in Japanese students with autism spectrum disorders: Effects of stimulus presentation order (共著) 2015/01
8. 2014/11 論文  Clinical utility of an array comparative genomic hybridization analysis for Williams syndrome (共著) 2014/11
9. 2013/10 論文  知的障害を伴う自閉症のある生徒における文節単位読み訓練の効果 (共著) 2013/10
10. 2013/07 著書  実践障害児教育2013年8月号 (共著) 2013/07
全件表示(14件)
 学会発表
1. 2019/03/17 読みの発達を支援する ~ Science and practice for reading development ~(第30回日本発達心理学会)
2. 2018/08/25 発達障がい児における音韻意識の獲得と般化:系列刺激ペアリングとマトリックス訓練を基盤にした英単語学習からの分析(第36回日本行動分析学会)
3. 2018/03/24 発達障がい児における読み書き間での視線機能の比較(第29回日本発達心理学会)
4. 2018/03/23 「注意」機能をつなぐ:発達・学習・認知・知覚・神経心理学から見た視覚的な注意の捉え方(第29回日本発達心理学会)
5. 2017/10/08 訓練中の視線機能が書字獲得に及ぼす影響: 刺激ペアリング手続きと系列刺激ペアリング手続きによる学習効果の比較(第35回日本行動分析学会)
6. 2017/03/25 「書く」ことと「見る」ことの関係性:アイトラッキング装置を用いての予備的検討(第28回日本発達心理学会)
7. 2017/03/25 「書く」ことへの合理的配慮:行動を基盤にした評価と支援(第28回日本発達心理学会)
8. 2017/02/13 Comparing the eye movements during reading and writing: A pilot study.(The 4th International Conference on Education and Psychological Sciences (ICEPS2017))
9. 2016/08/06 ADHD児におけるニューロフィードバック療法の効果予測(第21回認知神経科学学術集会)
10. 2016/06/03 ADHDの睡眠時脳波の周波数解析と臨床症状の関係-睡眠紡錘波(spindle)に着目してー(第58回日本小児神経学会学術集会)
全件表示(46件)
 所属学会
1. Association for Behavior Analysis International
2. 日本特殊教育学会
3. 日本発達心理学会
4. 日本行動分析学会
 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/09~  「書き」困難解消に向けた行動・神経基盤評価と板書スキル支援による学習効果の検討 研究活動スタート支援