(最終更新日:2021-08-20 10:23:27)
   ナガヤ マキコ    NAGAYA Makiko
   長屋 真季子
   所属
グローバルビジネス学部 ビジネスデザイン学科
 
現代ビジネス研究所 所属教員
   職種
専任講師
 最終学位
博士(経済学)
 学歴
1. 2003/04~2007/03 京都大学 経済学部 卒業 学士(経済学)
2. 2007/04~2009/03 京都大学大学院 エネルギー科学研究科 修士課程修了 修士(エネルギー科学)
3. 2009/04~2012/05 京都大学大学院 経済学研究科 博士課程単位取得満期退学
4. 2012/09/24
(学位取得)
京都大学大学院 博士(経済学)
 職歴
1. 2020/04~ 昭和女子大学 現代ビジネス研究所 所員
2. 2018/04~ 昭和女子大学 グローバルビジネス学部 ビジネスデザイン学科 専任講師
3. 2012/06~2013/03 (独)日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員(PD)
4. 2011/04~2012/05 (独)日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員(DC2)
 著書・論文歴
1. 2013 論文  枯渇性資源消費と習慣形成の動学 (共著) 2013
2. 2013 論文  気候変動政策モデルにおける世代内と世代間の衡平性 (共著) 2013
3. 2012 論文  The optimal timing of the transition to new environmental technology for economic growth. (共著) 2012
4. 2012 論文  排出削減目標設定の影響評価と応用一般均衡モデルの役割 (共著) 2012
5. 2010 論文  経済発展に伴う環境新技術の最適導入時期 (共著) 2010
6. 2016 論文  必要最低消費と習慣形成を考慮した枯渇性資源の動学 (共著) 2016
7. 2015 論文  方向性のある価格付けの理論と電力取引への適用 (共著) 2015
8. 2014 論文  A theory of directional pricing and its application to electricity policy. (共著) 2014
9. 2014 論文  Modeling resource use with endogenous time preference and minimum consumption requirement. (共著) 2014
10. 2014 論文  必要最低消費と習慣形成を考慮した枯渇性資源の動学 (共著) 2014
全件表示(25件)
 学会発表
1. 2019 What Drives Or Hinders Autonomous Energy Efficiency Improvement(4th AIEE Energy Symposium)
2. 2018 Optimal Time Choice Game for Energy Infrastructure Investment with Spillover Effect(The 3rd HAEE Conference)
3. 2016 Endogenous Time Preference and Exhaustible Resource Use(INFORMS Annual Meeting 2016)
4. 2014 Exhaustible Resource Use under Endogenous Time Preference and Minimum Consumption Requirement(2014 Conference, 24th Business & Economics Society International.)
5. 2014 Modeling Resouce Use with Endogenous Time Preference and Minimum Consumption Requirement(14th IAEE European Energy Conference.)
6. 2013 Exhaustible resource use under endogenous time preference and habit formation.(2013 Conference, 22nd Business & Economics Society International.)
7. 2012 A theory of directional pricing and its application to feed-in-tariff policy in electricity(2012 Conference, 20th Business & Economics Society International.)
8. 2012 On intra- and intergenerational equities in energy-climate policy modeling.(International Energy Workshop 2012.)
9. 2011 Resource Consumption with Endogenous Time Preference(日本経済学会2011年度春季大会)
10. 2011 Resource Use and Technological Change with Endogenous Time Preference(2011 International Energy Workshop,)
 講師・講演
1. 2021/02 まちづくりにおいてSDGsが果たす役割
2. 2020/11 SDGsと社会のしくみを考えよう
 社会における活動
1. 2021/03 住み続けられるまちづくり
2. 2020/11 SDGsと経済社会の関わりについて
 教育上の能力
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 2017~ (1)学生からの授業改善アンケート
 委員会・協会等
1. 2019/11~ 日野市 情報公開・個人情報保護運営審議会 審議委員
 所属学会
1. 2009/05~ International Association for Energy Economics
2. 2009/05~ 日本経済学会
3. 2009/05~ 日本経済政策学会