(最終更新日:2019-02-15 11:02:34)
   カワサキ ヒロアキ    KAWASAKI Hiroaki
   川崎 広明
   所属
生活科学部 管理栄養学科
   職種
専任講師
 最終学位
博士(理学)
 学歴
1. 2008/03/31
(学位取得)
博士(理学)
 職歴
1. 2018/04~ 昭和女子大学 生活科学部 管理栄養学科 専任講師
 著書・論文歴
1. 2018/12 論文  トリプトファンのニトロ化修飾 (共著) 2018/12
2. 2018/11 論文  Tryptophan nitration of immunoglobulin light chain as a new possible biomarker for atopic dermatitis. (共著) 2018/11
3. 2017/04 論文  Accumulation of immunoglobulin G against Dermatophagoides farinae tropomyosin in dorsal root ganglia of NC/Nga mice with atopic dermatitis-like symptoms. (共著) 2017/04
4. 2016/12 論文  Relationships among plasma granzyme B level, pruritus and dermatitis in patients with atopic dermatitis. (共著) 2016/12
5. 2016/12 論文  ラットの海馬におけるニトロトリプトファン含有タンパク質に対する身体運動の影響 (共著) 2016/12
6. 2016/08 論文  Electrophysiological properties of brain-natriuretic- peptide and gastrin-releasing peptide-responsive dorsal horn neurons in spinal itch transmission. (共著) 2016/08
7. 2016/08 論文  Peroxynitrite-mediated oxidation of plasma fibronectin. (共著) 2016/08
8. 2015/11 論文  Sumoylated α-skeletal muscle actin in the skeletal muscle of adult rats. (共著) 2015/11
9. 2014/08 論文  Importance of tryptophan nitration of carbonic anhydrase III for the morbidity of atopic dermatitis. (共著) 2014/08
10. 2012/12 論文  Proteomic analysis of endogenous nitrotryptophan-containing proteins in rat hippocampus and cerebellum. (共著) 2012/12
全件表示(24件)
 学会発表
1. 2018/10 千葉県市原市養老川支流におけるサワガニのウエステルマン肺吸虫メタセルカリア感染状況について:教育・研究材料供給の観点から(続報)(第78回日本寄生虫学会東日本支部大会)
2. 2018/09 6-NITROTRYPTOPHAN IN IMMUNOGLOBULIN LIGHT CHAIN AS A NEW POSSIBLE BIOMARKER FOR ATOPIC DERMATITIS.(15th International Society for Tryptophan Research (ISTRY2018))
3. 2018/09 Bacterial mutagenicity assay of nitrated tryptophan and related compounds using umu-test.(15th International Society for Tryptophan Research (ISTRY2018))
4. 2018/09 Key role of 6-nitrotryptophan formation in carbonic anhydrase for the onset of atopic dermatitis.(15th International Society for Tryptophan Research (ISTRY2018))
5. 2017/12 6-ニトロトリプトファン-イムノクロマト法による検出の試み-(第38回日本トリプトファン研究会学術集会)
6. 2017/12 トリプトファン及び代謝産物のペルオキシナイトライトによる反応(第38回日本トリプトファン研究会学術集会)
7. 2016/12 6-ニトロトリプトファンを指標としたアトピー性皮膚炎の早期検出(第37回日本トリプトファン研究会学術集会)
8. 2016/12 6-ニトロトリプトファン生成によるCarbonic anhydrase IIIの機能傷害とアトピー性皮膚炎病態形成(第37回日本トリプトファン研究会学術集会)
9. 2016/12 活性窒素種によるトリプシン及びキモトリプシンの活性低下は活性中心近傍の芳香族アミノ酸の違いによるものか?(第37回日本トリプトファン研究会学術集会)
10. 2016/06 Identification of 6-NO2Trp Containing Proteins in SHRSP-Possible Relation to Hypertension.(The 16th IUBMB Conference)
全件表示(71件)
 講師・講演
1. 2015/10 ニトロ化ストレスとかゆみ〰アトピー性皮膚炎とニトロ化タンパク質〰(東京)
2. 2012/03 新規酸化ストレスマーカー:6-ニトロトリプトファンの生体内生成(京都)
3. 2011/03 タンパク質の新規ニトロ化修飾―生体内での6-ニトロトリプトファンの生成(熊本)
 取得特許
1. 2017/05/19 一酸化窒素ストレスの診断方法(特許第6143550号)
 受賞学術賞
1. 2013/06 第13回日本NO学会学術集会トラベルアワード最優秀賞