(最終更新日:2021-04-02 08:48:13)
   カワサキ ヒロアキ    KAWASAKI Hiroaki
   川崎 広明
   所属
食健康科学部 管理栄養学科
   職種
専任講師
 最終学位
博士(理学)
 学歴
1. 2008/03/31
(学位取得)
博士(理学)
 職歴
1. 2018/04~2021/03 昭和女子大学 生活科学部 管理栄養学科 専任講師
 著書・論文歴
1. 2021/03 論文  炎症性腸疾患の抑制に関わる分子の探索ー動物モデルを用いた運動の効果ー (共著) 2021/03
2. 2019/12 論文  神経成長因子によるPC12細胞の分化誘導と14-3-3εのトリプトファン残基ニトロ化修飾 (共著) 2019/12
3. 2019/12 論文  芳香族ニトロ化合物に感受性の高い変異原性試験を用いたニトロトリプトファンの変異原性の検討 (共著) 2019/12
4. 2018/12 論文  トリプトファンのニトロ化修飾 (共著) 2018/12
5. 2018/11 論文  Tryptophan nitration of immunoglobulin light chain as a new possible biomarker for atopic dermatitis. (共著) 2018/11
6. 2017/04 論文  Accumulation of immunoglobulin G against Dermatophagoides farinae tropomyosin in dorsal root ganglia of NC/Nga mice with atopic dermatitis-like symptoms. (共著) 2017/04
7. 2016/12 論文  Relationships among plasma granzyme B level, pruritus and dermatitis in patients with atopic dermatitis. (共著) 2016/12
8. 2016/12 論文  ラットの海馬におけるニトロトリプトファン含有タンパク質に対する身体運動の影響 (共著) 2016/12
9. 2016/08 論文  Electrophysiological properties of brain-natriuretic- peptide and gastrin-releasing peptide-responsive dorsal horn neurons in spinal itch transmission. (共著) 2016/08
10. 2016/08 論文  Peroxynitrite-mediated oxidation of plasma fibronectin. (共著) 2016/08
全件表示(27件)
 学会発表
1. 2020/09 Detection of tryptophan nitration in food product as a step towards elucidating physiological effects of tryptophan nitration(The 93rd Annual Meeting of The Japanese Biochemical Society)
2. 2020/09 食物資源への宇宙放射線の影響(日本物理学会2020年秋季大会)
3. 2020/03 ペルオキシナイトライトとの反応によるトリプトファン代謝物の蛍光スペクトルの変化(日本薬学会第140年会)
4. 2019/12 食品中のニトロ化トリプトファンの検出~遊離6-ニトロトリプトファンの生理的影響の解明に向けて~(第39回日本トリプトファン研究会学術集会)
5. 2018/10 千葉県市原市養老川支流におけるサワガニのウエステルマン肺吸虫メタセルカリア感染状況について:教育・研究材料供給の観点から(続報)(第78回日本寄生虫学会東日本支部大会)
6. 2018/09 6-NITROTRYPTOPHAN IN IMMUNOGLOBULIN LIGHT CHAIN AS A NEW POSSIBLE BIOMARKER FOR ATOPIC DERMATITIS.(15th International Society for Tryptophan Research (ISTRY2018))
7. 2018/09 Bacterial mutagenicity assay of nitrated tryptophan and related compounds using umu-test.(15th International Society for Tryptophan Research (ISTRY2018))
8. 2018/09 Key role of 6-nitrotryptophan formation in carbonic anhydrase for the onset of atopic dermatitis.(15th International Society for Tryptophan Research (ISTRY2018))
9. 2017/12 6-ニトロトリプトファン-イムノクロマト法による検出の試み-(第38回日本トリプトファン研究会学術集会)
10. 2017/12 トリプトファン及び代謝産物のペルオキシナイトライトによる反応(第38回日本トリプトファン研究会学術集会)
全件表示(75件)
 講師・講演
1. 2015/10 ニトロ化ストレスとかゆみ〰アトピー性皮膚炎とニトロ化タンパク質〰(東京)
2. 2012/03 新規酸化ストレスマーカー:6-ニトロトリプトファンの生体内生成(京都)
3. 2011/03 タンパク質の新規ニトロ化修飾―生体内での6-ニトロトリプトファンの生成(熊本)
 委員会・協会等
1. 2019/12~ 日本トリプトファン研究会 常任幹事
 所属学会
1. 2008/12~ 日本トリプトファン研究会
2. 2008/12~ 日本生化学会
 取得特許
1. 2017/05/19 一酸化窒素ストレスの診断方法(特許第6143550号)
 受賞学術賞
1. 2013/06 第13回日本NO学会学術集会トラベルアワード最優秀賞
 研究課題・受託研究・科研費
1. 2009/04~2012/03  高血圧に伴う酸化・ニトロ化傷害への長期運動効果の分子機構のモデルラットによる解明 基盤研究C 
2. 2013~2014  14-3-3タンパク質の酸化ストレス依存性機能障害による神経疾患病態形成機構の解明 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2014/04~2016/03  タンパク質の新規酸化修飾産物を用いた脳血管疾患の予防マーカーの開発 基盤研究C 
4. 2019/04~2022/03  運動がアレルギー疾患を抑制する機序の解明 基盤研究C 
5. 2019/04~2022/03  適度な自発運動は、炎症性大腸炎を予防できるか? 基盤研究C 
6. 2019/04~2022/03  食品中のニトロ化トリプトファン生成が生体へ及ぼす影響の解析 基盤研究C