(最終更新日:2018-10-02 15:36:12)
   タナカ マナコ    TANAKA Manako
   田中 眞奈子
   所属
人間文化学部 歴史文化学科
 
国際文化研究所 所属教員
   職種
専任講師
 専門分野
文化財科学(保存科学) 
 最終学位
博士(文化財)
 学歴
1. 1993/04~1997/03 聖心女子大学 文学部 外国語外国文学科(英語英文学) 卒業
2. 2005/04~2007/03 東京藝術大学大学院 美術研究科 文化財保存学専攻 修士課程修了 修士(文化財)
3. 2008/04~2011/03 東京藝術大学大学院 美術研究科 文化財保存学専攻 文化財保存学研究領域 博士課程修了 博士(文化財)
 職歴
1. 1997/04~2003/02 株式会社日本経済新聞社
2. 2007/04~2007/11 公益財団法人横浜市芸術文化振興財団 横浜美術館
3. 2011/04~2017/03 公益財団法人徳川ミュージアム 非常勤研究員
4. 2011/05~2014/03 東京藝術大学 教育研究助手
5. 2014/04~2015/03 東京藝術大学 特任助教
6. 2015/04~2017/03 東京藝術大学 特任講師
7. 2017/04~ 昭和女子大学 人間文化学部 歴史文化学科 専任講師
8. 2011/04~2019/03 玉川大学 非常勤講師
9. 2012/04~2017/09 新潟大学教育・学生支援機構 非常勤講師
10. 2017/04~2019/03 東京藝術大学 非常勤講師
 著書・論文歴
1. 2018/05 論文  放射光X線とパルス中性子を用いた鉄鋼文化財の非破壊分析-材料特性と制作技術の解明にむけて- (単著) 2018/05
2. 2018/04 著書  ブリタニカ国際年鑑2018年版 (共著) 2018/04
3. 2017 著書  ブリタニカ国際年鑑2017年版 (共著) 2017
4. 2016 著書  ブリタニカ国際年鑑2016年版 (共著) 2016
5. 2015 著書  ブリタニカ国際年鑑2015年版 (共著) 2015
6. 2015 論文  高エネルギーX線とパルス中性子を用いた鉄鋼文化財の非破壊分析 (単著) 2015
7. 2014 著書  ブリタニカ国際年鑑2014年版 (共著) 2014
8. 2014 著書  幕末佐賀藩大久保台場伝来の鉄製砲弾の非破壊分析結果 (その他) 2014
9. 2014 著書  日本画 名画から読み解く技法の謎 (共著) 2014
10. 2013 著書  日本銃砲の歴史と技術 (共著) 2013
全件表示(19件)
 学会発表
1. 2018/08/26 放射光X線を用いた文化財研究(SPring-8シンポジウム2018)
2. 2018/07/08 放射光X線CTと中性子透過ブラッグエッジ法を用いた日本刀の非破壊分析(日本文化財科学会第35回大会)
3. 2018/07/07 放射光X線CTを用いた鉄自在置物の内部構造観察(日本文化財科学会企業セミナー/第27回SPring-8先端利用技術ワークショップ「SPring-8を用いた文化財研究」)
4. 2018/06/07 Microstructural analysis of pipe-shaped iron oxide used as red pigment in prehistoric art of Japan(UISPP XVIII World Congress)
5. 2018/03/20 放射光X線CTを用いた非破壊分析による自在海老置物の内部構造と製造技術の解明(日本鉄鋼協会第175回大会(春季))
6. 2017/10/17 Community activity of archaeometallurgy in Japan(The ninth International Conference on the Beginnings and use of Metals and Alloys (BUMA9))
7. 2017/10/17 Nondestructive study of Japanese iron nails excavated from Saga castle using X-ray and neutron imaging techniques to clarify material characteristics and manufacturing techniques(The ninth International Conference on the Beginnings and use of Metals and Alloys (BUMA9))
8. 2017/10/11 Nondestructive evaluation of the microstructure of iron parts of manufacturing process of a traditional Japanese sword by pulsed neutron transmission spectroscopy(Neutron Imaging and Neutron Methods in Archaeology and Cultural Heritage (NINMACH) 2017)
9. 2016/12/02 パルス中性子透過分光法を用いた日本刀の製造過程試料の結晶組織構造変化の研究(日本中性子科学会第16回年会, 名古屋大学)
10. 2016/11/28 Nondestructive study of traditional Japanese iron artifacts using X-ray imaging and neutron imaging techniques, Workshop on Advanced analytical imaging methods in the conservation of works of art(Workshop on Advanced analytical imaging methods in the conservation of works of art, Istituto Italiano di Cultura (Italian Institute of Culture) Tokyo)
全件表示(18件)
 講師・講演
1. 2018/07 Nondestructive Study of Cultural Objects Using Neutron and X-Ray Imaging to Clarify Their material Characteristics and Manufacturing Techniques(Rey Don Jaime Grand Hotel, Castelldefels, Spain)
2. 2017/12 中性子などを用いた非破壊分析による日本の鉄鋼文化財自然科学的研究―材料特性や製造方法の解明にむけて―(勝田)
3. 2017/09 放射光を用いた鉄文化財の非破壊分析―材料特性と製作技術解明にむけて―(東京大学本郷キャンパス)
4. 2017/03 中性子とX線を用いた鉄鋼文化財の非破壊分析手法の確立に向けて(東京)
5. 2017/03 放射光で江戸・明治の匠の製作技術を探る~自在置物・火縄銃・日本刀などの鉄文化財のX線CT撮影を通して~(東京)
6. 2017/02 X線と中性子イメージング技術を用いた非破壊分析による日本の鉄鋼文化財の材料特性と製造方法の解明
7. 2016/11 Nondestructive study of traditional Japanese iron artifacts using X-ray imaging and neutron imaging techniques, Workshop on Advanced analytical imaging methods in the conservation of works of art(Tokyo)
8. 2015/12 Nondestructive study of Japanese iron artifacts using pulsed neutron imaging for evaluating crystallographic texture and microstructure(Embassy of India, Tokyo)
9. 2014/07 高エネルギー蛍光X線分析による鉄文化財に用いられた材料の解明―微量重元素を指標として―(東京)
10. 2013/11 Nondestructive study of Japanese matchlock gun using high-energy X-ray(India)
全件表示(12件)
 委員会・協会等
1. 2012/06~ 日本鉄鋼協会 鉄鋼プレゼンス研究調査委員会 「歴史を変える転換技術研究」フォーラム 幹事
2. 2013/09/10~2013/09/15 日本鉄鋼協会主催 「The eighth International Conference on the Beginnings of the Use of Metals and Alloys(第8回金属の歴史国際会議、BUMAⅧ)」 National Organizing Committee委員
3. 2013/10~ 大型放射光施設SPring-8ユーザー協同体(SPRUC) 文化財研究会 副代表
4. 2014/03~ 日本鉄鋼協会 鉄鋼プレゼンス研究調査委員会「鉄文化財にみる日本の独自技術の学際的研究」フォーラム 座長
5. 2015/07/11~2015/07/12 日本文化財科学会 第32回大会 実行委員
6. 2017/10/18~ International Conference on the Beginnings of the Use of Metals and Alloys(金属の歴史国際会議、BUMA) Standing Committee 委員
 資格・免許
1. 2007/03/26 学芸員資格取得 芸大美証第0307号