(最終更新日:2018-12-11 13:12:35)
   ヤマモト アヤ    YAMAMOTO Aya
   山本 綾
   所属
国際学部 英語コミュニケーション学科
 
人間文化学部 英語コミュニケーション学科
   職種
准教授
 受験生・学生へのメッセージ
様々な言語や学問分野に興味を持つと、大学での学びがいっそう面白くなると思います。
英語以外の言語や理系とされる分野も、実は専攻として英語を学び研究するための強力な助けになるからです。
例えば、日本語や世界史・地理、あるいは心理学や統計、プログラミングなどについての知識や技能を身につけると、読むもの聴くもの調べるものの一つ一つがさらに興味深く見えてくるでしょう。
「寄り道」や「雑学」に見えることを大切にして、実り多い大学生活を過ごしてほしいと願っています。
 学問のきっかけ
大学3年生で「Introduction to Linguistics (言語学概論)」という科目を履修して、言語学に興味を持ちました。
特に、Labov によるNew York のデパートでの社会言語学的な調査やWatanabe によるアメリカと日本の大学生の討論の談話分析などについて、文献を読んで議論したことが印象に残っています。
「いつか私も自分なりの視点やテーマで調査をして、その結果をみんなに知らせたい!」という気持ちが湧いてきました。
そして、そのワクワク感が現在の研究や授業準備の原動力になっています。
 主担当科目
社会言語学、2年ゼミ、3年ゼミ、4年ゼミ、Reading I/II、Writing I/II
 専門分野
談話分析, 社会言語学, 中間言語語用論 
 最終学位
博士(人文科学)
 学歴
1. 2005/04~2009/09 お茶の水女子大学大学院 人間文化研究科 比較社会文化学専攻 博士課程修了 博士(人文科学)
 職歴
1. 2018/04~ 昭和女子大学 人間文化学部 英語コミュニケーション学科 准教授
2. 2018/04~ 昭和女子大学 国際学部 英語コミュニケーション学科 准教授
3. 2014/04~2018/03 昭和女子大学 人間文化学部 英語コミュニケーション学科 専任講師
4. 2017/04~2018/03 昭和女子大学 国際学部 英語コミュニケーション学科 専任講師
5. 2012/10~2014/03 豊橋技術科学大学 総合教育院 准教授
6. 2010/04~2012/09 豊橋技術科学大学 総合教育院 専任講師
7. 2009/10~2010/03 お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科研究院 研究員
8. 2004/04~2005/03 お茶の水女子大学 開発途上国女子教育協力センター 専任講師
 著書・論文歴
1. 2010/02 著書  大学生のための論文執筆の手引き―卒論・レポート・演習発表の乗り切り方―
第8章「ちょっと役立つ英語文献の話」 (共著) 2010/02
2. 2002/12 著書  The Growing Importance of Corporate Social Responsibility in Asia (共著) 2002/12
3. 2009/09 その他 日本人英語学習者の談話標識の習得に関する実証的研究―談話の分析から見た海外語学研修の効果―【博士論文】 (単著) 2009/09
4. 2018/03 論文  問題解決に非協力的な相手を説得する
―英語母語話者と学習者の話しことばコーパスの分析― (単著) 2018/03
5. 2017/12 論文  英語母語話者と日本語母語話者の初対面会話にみられる“Do you know ~?":
知識についての相互行為の分析 (単著) 2017/12
6. 2017/10 論文  日本語母語話者-英語母語話者間の初対面会話 における関係性の構築と交渉―English, Japan, Japanese をめぐる相互行為の分析― (単著) 2017/10
7. 2016/12 論文  英語母語話者と日本語母語話者の初対面会話にみられる助言について (単著) 2016/12
8. 2016/03 論文  日本人と外国人の英語会話における対人関係の構築
 ―English (英語)をめぐるやりとりに焦点をあてて― (単著) 2016/03
9. 2015/03 論文  日本人と外国人の英語による初対面会話における関係性の構築―Japan/Japanese (+NP) をめぐる相互行為の分析― (単著) 2015/03
10. 2014/10 論文  英語話者と日本語話者の接触場面における誤解と不信および交渉 (単著) 2014/10
全件表示(31件)
 学会発表
1. 2018/12 英語母話者と日本人学習の要求談話の対照分析―返金、返品・交換をめぐるロールプレイを資料として―(日本語用論学会第 21 回大会)
2. 2018/12 説得の方略としての理解と共感―英語母語話者と日本人英語学習者の談話の分析―(第1回JAAL in JACET 学術交流集会)
3. 2018/03 問題解決に非協力的な相手を説得する ―英語母語話者と学習者の話しことばコーパスの分析―(社会言語科学会第41回大会)
4. 2016/12 英語母語話者と日本語母語話者の初対面会話にみられる“DO YOU KNOW ~?”: 知識についての相互行為の分析(日本語用論学会第19回年次大会)
5. 2016/03 日本人と外国人の英語会話における対人関係の構築―English (英語)をめぐるやりとりに焦点をあてて―(社会言語科学会第37回大会)
6. 2015/12 英語母語話者と日本語母語話者の初対面会話にみられる助言について(日本語用論学会第18回年次大会)
7. 2015/03 日本人と外国人の英語による初対面会話における関係性の構築―Japan/Japanese (+NP) をめぐる相互行為の分析―(社会言語科学会第35回大会)
8. 2013/09 英語母語話者と日本語母語話者の接触場面にみられる誤解、不信と交渉―英語会話における事例の分析から(社会言語科学会第32回大会)
9. 2012/12 「褒め」に対する日本人英語学習者の応答―海外語学研修の前と後の会話を資料として(日本語用論学会第15回大会)
10. 2011/10 日本人英語学習者の発話に見られるno の連続した繰り返し(国際行動学会第8回年次大会)
全件表示(21件)
 所属学会
1. 社会言語科学会
2. ∟ 『社会言語科学』査読協力
3. 日本語用論学会
4. 日本英語学会
5. 岩崎研究会
6. 国際行動学会
7. ∟ 『国際行動学研究』査読協力
 受賞学術賞
1. 1996/07 大隈記念奨学金(早稲田大学)
2. 1995/07 大隈記念奨学金(早稲田大学)
 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~  異文化間コミュニケーションにおける共感:日本語母語話者と英語母語話者の会話の分析 科学研究費補助金 基盤研究(C) 
2. 2014/04~2017/03  日本人英語学習者と英語話者の相互行為における知識の共有:その過程と仕組みについて 科学研究費補助金 若手研究(B) 
3. 2011/04~2014/03  意見対立場面における日本人英語学習者の調整方略の研究 科学研究費補助金 若手研究(B)