(最終更新日:2018-03-13 11:52:27)
   コニシ カナエ    KONISHI Kanae
   小西 香苗
   所属
生活科学部 管理栄養学科
 
女性健康科学研究所 所属教員
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
   職種
准教授
 受験生・学生へのメッセージ
食事には人を幸せにする力があると思います。〝おいしい笑顔(幸せ)”をお届けするだけでなく、〝健康”という幸せも多くの人にお届けできる管理栄養士さんになって下さい。大学時代は専門科目のみならず社会学や心理学などのような他分野の学問も貪欲に学び、サークル活動やボランティアなど色々なことにチャレンジをして、自分磨きをすることも大切です。
 ゼミ・研究室内容
以下のような栄養疫学研究を行っています。
・妊産婦における、食事パターン・食習慣と心の健康に関する研究
・若年成人における、時間栄養学の概念を取り入れた生活習慣改善法による介入研究
・世帯および地域の社会経済的要因が食生活や健康状況に与える影響
 学問のきっかけ
何事にも「どうして???」と疑問を抱く知りたがりやの性格が功を奏したのか、大学時代に学んだ生化学や生理学の様々な生体メカニズムを面白いと思ったこと
 主担当科目
公衆栄養学総論・各論、公衆栄養学実習、栄養情報処理論(演習)、臨地実習(公衆栄養)
 専門分野
食生活学, 疫学・予防医学, 衛生学・公衆衛生学 (キーワード:栄養疫学、DOHaD、食事パターン、生活習慣・食習慣、心の健康、うつ病) 
 最終学位
博士(医学)
 学歴
1. 2009/12/25
(学位取得)
博士(医学)
 職歴
1. 2014/04~ 昭和女子大学 生活科学部 管理栄養学科 准教授
 著書・論文歴
1. 2015/12 論文  大学生における抑うつ症状および非定型うつ特徴とその関連要因の検討 (共著) 2015/12
2. 2013/03 論文  女子大学生における食事パターンと健康関連QOLとの関連 (共著) 2013/03
3. 2011/10 論文  Prenatal exposure to perfluorinated chemicals and relationship with allergies and infectious diseases in infants. (共著) 2011/10
4. 2011/05 論文  Effects of prenatal exposure to dioxin-like compounds on allergies and infections during infancy. (共著) 2011/05
5. 2011/03 その他 前向きコホート研究による先天異常モニタリング、特に尿道下裂、停留精巣のリスク要因と内分泌かく乱物質に対する感受性の解明
平成20年度~22年度 総合研究報告書 (共著) 2011/03
6. 2010/05 論文  Cohort Profile: The Hokkaido Study on Environment and Children's Health in Japan. (共著) 2010/05
7. 2009/10 論文  Prenatal Exposure to PCDDs/PCDFs and dioxin-like PCBs in relation to Birth Weight. (共著) 2009/10
8. 2009/04 論文  Correlations Between Prenatal Exposure to Perfluorinated Chemicals and Reduced Fetal Growth. (共著) 2009/04
9. 2009/03 その他 食品を介したダイオキシン類等の人体への影響の把握とその治療法の開発等に関する研究
平成18~20年度 総合研究報告書
平成20年度 総括・分担研究報告書 (共著) 2009/03
10. 2008/10 著書  Persistent Organic Pollutants (POPs) Research in Asia (共著) 2008/10
全件表示(23件)
 学会発表
1. 2017/09/13 産後うつ症状とその関連因子の検討 特に生活習慣、食品摂取状況との関連(第64回日本栄養改善学会学術総会)
2. 2017/05/20 妊娠初期・中期における食事パターンと心の健康に関する研究(第71回日本栄養・食糧学会)
3. 2016/10/27 妊娠初期・中期における食習慣・生活習慣と心の健康に関する研究(第75回日本公衆衛生学会総会)
4. 2016/05/21 勤労女性における Alternative Healthy Eating Indexとうつ症状との関連(第86回日本衛生学会学術総会)
5. 2015/09/26 勤労女性における世帯収入と食品摂取状況との関連について(第62回日本栄養改善学会)
6. 2015/05/16 Association of Japanese dietary pattern and depressive symptoms among Japanese female employees.(12th Asian Congress of Nutrition (ACN2015))
7. 2014/08/22 勤労女性における共食と精神的健康度との関連(第61回日本栄養改善学会)
8. 2014/06/01 勤労女性における食事パターンとうつ症状について(第68回日本栄養・食糧学会大会)
9. 2013/09 女子大学生における生活習慣、食習慣と身体的・精神的健康度との関連(第60回日本栄養改善学会)
10. 2013/05 女子大学生における食事パターンについて(2)-健康関連QOL、うつ症状に与える影響(第67回日本栄養・食糧学会大会)
全件表示(41件)
 講師・講演
1. 2013/01 胎児期からの食育(長野県 諏訪市)
2. 2012/07 環境化学物質の次世代影響について(長野県 諏訪市)
 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2015/02 栄養科学シリーズ 「NEXT公衆栄養学」第5版
 委員会・協会等
1. 2011/09/01~2014/03/31 信州公衆衛生学会 編集委員会 査読委員 査読委員
2. 2013/10/01~2014/03/31 松本市社会教育委員
3. 2017/03~ 日本栄養士会雑誌 査読委員 査読委員
 所属学会
1. 2005/03~ 日本公衆衛生学会
2. 2005/03~ 日本衛生学会
3. 2008/10~ 日本栄養・食糧学会
4. 2009/04~ 日本栄養改善学会
5. 2010/05~2014/12 日本民族衛生学会
6. 2010/07~2016/03 信州公衆衛生学会
7. 2010/07~ 日本疫学会
8. 2011/05~ American Society for Nutrition
9. 2011/11~ The Nutrition Society
10. 2012/08~ 日本DOHaD学会
全件表示(11件)
 資格・免許
1. 1989/11/10 管理栄養士免許(登録番号 第44934号)
2. 2011/04/22 日本公衆衛生学会 認定専門家(認定番号 第0689号)
 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011/04~2012/03  胎内環境因子としての食物摂取について -特に環境化学物質暴露に関わる妊娠中の魚摂取 その他の補助金・助成金 
2. 2012/04~2013/03  大学生における栄養素・食品摂取と心の健康に関する研究 その他の補助金・助成金 
3. 2012/04~2016/03  次世代を担う女性における栄養素・食品摂取と心の健康に関する研究 基盤研究(C) 
4. 2012/04~2015/03  胎児期の環境・ゲノム・エピゲノム交互作用と出生後の軌跡:DOHaD学説の検証 基盤研究(B) 
5. 2015/04~  世帯および地域の社会経済的要因が食生活や健康状況に与える影響 - 栄養疫学的検討 基盤研究(C) 
6. 2017/04~  若年者のメタボリックシンドローム・やせリスク要因の解明と早期介入法の確立 基盤研究(C)