(最終更新日:2019-03-09 13:15:12)
   フクダ イチヨ    FUKUDA Ichiyo
   福田 委千代
   所属
人間文化学部 日本語日本文学科
 
近代文化研究所 所属教員
 
女性文化研究所 所属教員
   職種
准教授
 受験生・学生へのメッセージ
人と出会うように、本とも出会って行きましょう!
 ゼミ・研究室内容
2年生の演習(半期)→研究方法を学びつつ、近現代の児童文学短篇を読みます。
3年生の演習→宮沢賢治や新美南吉の童話を読みます。
4年生の演習→各自の立てたテーマに従って、発表+レポート提出をくり返します。
 学問のきっかけ
高校時代に、三好達治の詩「郷愁」について作文を書き、先生にホメられたこと。
 最終学位
修士(文学)
 著書・論文歴
1. 2014/02 論文  初期少女小説に書かれた〈家族〉―尾島菊子の場合― (単著) 2014/02
2. 論文  少女小説の系譜―尾島菊子の「新しい少年少女文学」― (単著) 
3. その他 書評「渡部周子著『つくられた「少女」-「懲罰」としての病と死』」 (単著) 
4. 2011/09 論文  少女小説の系譜―「少女画報」と伊澤みゆき― (単著) 2011/09
5. 2007/03 論文  「吉屋信子『紅雀』・二人のヒロインー「少女の友」の少女小説ー」 (単著) 2007/03
6. 2006/03 論文  少女小説の変遷ー由利聖子と「少女の友」をめぐってー」 (単著) 2006/03
7. 2005/03 論文  「先生になる少女・由利聖子『小さい先生』ー「少女の友」の少女小説ー」 (単著) 2005/03
8. 2004/01 論文  「昭和前期の少女小説 ー由利聖子『モダン小公女』の世界ー」 (単著) 2004/01
9. 2003/01 論文  「由利聖子『チビ君物語』の世界ー「少女の友」の少女小説ー」 (単著) 2003/01
10. 2002/01 論文  「〈ぼく〉が〈ぼく〉であるためにーまど・みちお論ー」 (単著) 2002/01
全件表示(13件)