photo
    (最終更新日:2018-06-04 14:14:34)
   フエキ ミカ    FUEKI Mika
   笛木 美佳
   所属
人間文化学部 日本語日本文学科
 
近代文化研究所 所属教員
   職種
准教授
 受験生・学生へのメッセージ
小説を主体的に読み解くことは、未知の世界を体験することであると共に、自分の過去の体験を総ざらいして作者の言葉を自分の言葉に置き換えていく作業です。あなたも〈自分探しの旅〉に出てみませんか。
 ゼミ・研究室内容
2年生では森鴎外の「山椒大夫」を、3年生では夏目漱石の「それから」および幸田露伴の「五重塔」を演習形式で読んでいます。〈引っ掛かり〉を大切に、作品を主体的に読み解く力を養っていくことを目標にしています。4年生で取り上げる作品はメンバーによって決めています。
 学問のきっかけ
日本文学科進学は、単に中学の教員免許を取得したかったから。通学時間(片道2時間)に小説を読むようになってから、面白くなりました。決定的な理由は卒業論文を通して指導教授との〈邂逅〉があったからです。
 主担当科目
近代文学Ⅰ(遠藤周作)
 専門分野
日本近代文学 (キーワード:遠藤周作、夏目漱石、家庭小説、) 
 最終学位
修士(文学)
 著書・論文歴
1. 2018/01 論文  遠藤周作「楽天大将」論―朝吹志乃にうかがえるグレアム・グリーン二作品の影響― (単著) 2018/01
2. 2017/01 論文  「遠藤周作「深い河」論-グレアム・グリーン「燃えつきた人間」の受容について」 (単著) 2017/01
3. 2015/09 論文  再考 白百合女子大学図書館蔵 遠藤周作書簡
―「三田文學」(第88巻99号、平成21年11月)掲載、松井千恵氏宛六通について― (共著) 2015/09
4. 2014/09 論文  二〇一三・平成二十五年 遠藤周作参考文献目録及び研究展望 (単著) 2014/09
5. 2014/09 論文  遠藤周作「黄色い人」論―第一エピグラフをめぐって― (共著) 2014/09
6. 2014/01 論文  鼎談 遠藤周作を語る
修道女〈ひよこ〉:マ・スール松井千恵先生に伺う (単著) 2014/01
7. 2013/09 論文  二〇一二・平成二十四年 遠藤周作参考文献目録及び研究展望 (単著) 2013/09
8. 2013/08 論文  書評 小嶋洋輔著『遠藤周作―「救い」の位置―』 (単著) 2013/08
9. 2011/09 論文  過去から現代への箴言―遠藤周作「わたしが・棄てた・女」の今日性― (単著) 2011/09
10. 2011/05 論文  [書評]山根道公『遠藤周作『深い河』を読む』 (単著) 2011/05
全件表示(34件)
 学会発表
1. 2015/12/12 遠藤周作『深い河』におけるグレアム・グリーン『燃えつきた人間』受容について(日本キリスト教文学会 第433回月例研究会)
2. 2013/09/21 「黄色い人」における第一エピグラフについて(2013年 第8回遠藤周作学会全国大会)
3. 2009/05/10 『深い河』後の遠藤文学―『女』を中心に―(日本キリスト教文学会2009年度第38回全国大会)
4. 2001/01 遠藤周作「女の一生 一 部・キクの場合」論ー〈場 合〉を読み解くためにー(日本キリスト教文学会第324回月例研究会)
5. 1994/11 遠藤周作「青い小さな葡萄」論(日本キリスト教文学会第276回月例研究会)
 講師・講演
1. 2011/05 遠藤周作を21世紀に読む―「わたしが・棄てた・女」―(県立神奈川近代文学館)
 所属学会
1. 1991/04~ 日本近代文学会
2. 1993/04~ 昭和文学会
3. 1994/04~2018/03 日本キリスト教文学会
4. 2013/05~2015/05 ∟ 役員(会計)
5. 2015/06~2017/05 ∟ 役員(事務局長)
6. 2006/09~ 遠藤周作学会
7. 2006/09~2006/09 ∟ 設立発起人
8. 2006/09~ ∟ 運営委員
9. 2017/09~ ∟ 事務局長
10. 2007/06~ 日本キリスト教文学会(関西支部)
全件表示(12件)
 研究課題・受託研究・科研費
1. 2001/04~  遠藤周作文学の研究 個人研究 (キーワード:日本現代文学 遠藤周作)
2. 2009/04~  明治期家庭小説の研究 個人研究 (キーワード:日本近代文学 家庭小説)