(最終更新日:2018-10-18 14:35:18)
   スガ ヒナコ    SUGA Hinako
   須賀 比奈子
   所属
生活科学部 食安全マネジメント学科
   職種
准教授
 受験生・学生へのメッセージ
食の安全を学んでいくためには、基礎科学が大切です。食品も生体内の反応も物質として、分子レベルで理解するよう心掛けましょう。
 ゼミ・研究室内容
受容体のアロステリックリガンドに対する親和性を、細胞応答測定のみによって、解析する方法を開発する。
パーキンソン病治療の研究基盤の確立に向けて、遺伝性若年性パーキンソン病原因遺伝子産物PINK1の活性促進剤および阻害剤の開発を行う。
 学問のきっかけ
小学生の頃から理科が好きで、中学1年の時には、学校新聞に、将来はサボテンの言葉の研究をやりたいと書いていました。
 最終学位
博士(理学)
 学歴
1. 1993/03/29
(学位取得)
博士(理学)
 職歴
1. 2017/04~ 昭和女子大学 生活科学部 食安全マネジメント学科 准教授
 著書・論文歴
1. 2014/06 論文  hTAS2R遺伝子発現を用いたヒト舌における味覚機能の新しい指標 (共著) 2014/06
2. 2013/07 論文  Effects of asparagine mutagenesis of conserved aspartic acids in helix 2 (D2.50) and 3 (D3.32) of M1-M4 muscarinic receptors on the irreversible binding of nitrogen mustard analogs of acetylcholine and McN-A-343 (共著) 2013/07
3. 2011/11 論文  Quantifying agonist activity at G protein-coupled receptors (共著) 2011/11
4. 2011/08 著書  Methods for the Discovery and Characterization of G Protein-Coupled Receptors (共著) 2011/08
5. 2011/08 論文  Analysis of agonism and inverse agonism in functional assays with constitutive activity: Estimation of orthosteric ligand affinity constants for active and inactive receptor states (共著) 2011/08
6. 2011/08 論文  Analysis of functional responses at G protein-coupled receptors: Estimation of relative affinity constants for the inactive receptor state (共著) 2011/08
7. 2010/10 論文  Mutagenesis of nucleophilic residues near the orthosteric binding pocket of M1 and M2 muscarinic receptors: Effect on the binding of nitrogen mustard analogs of acetylcholine and McN-A-343 (共著) 2010/10
8. 2010/07 論文  Investigating the interaction of McN-A-343 with the M1 muscarinic receptor using its nitrogen mustard derivative and acetylcholine mustard (共著) 2010/07
9. 2010/04 論文  Investigating the interaction of McN-A-343 with the M2 muscarinic receptor using its nitrogen mustard derivative (共著) 2010/04
10. 2008/04 論文  Use of acetylcholine mustard to study allosteric interactions at the M2 muscarinic receptor (共著) 2008/04
全件表示(23件)
 学会発表
1. 2017/12/06 細胞応答測定によるGタンパク質共役受容体の親和性の解析(2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017))