photo
    (最終更新日:2016-09-02 12:42:12)
   カワハタ ユミ    KAWAHATA Yumi
   川畑 由美
   所属
国際学部 国際学科
 
人間文化学部 国際学科
 
女性文化研究所 所属教員
 
文学研究科 英米文学専攻 博士前期課程
   職種
教授
 受験生・学生へのメッセージ
Life is always a tightrope or a feather bed. Give me the tightrope.
Edith Wharton
 ゼミ・研究室内容
19世紀末から20世紀初頭のアメリカ女性作家について研究しています。ジェンダーや階級という視点から作品を読んでいくうちに、様々な女性たちの生きていく姿に触れることができます。
 学問のきっかけ
F. Scott Fitzgerald の作品を読んでジャズエイジの魅力に取り憑かれました。
 最終学位
DOCTOR OF EDUCATION
 著書・論文歴
1. 2010/07 著書  『アメリカ文学必須用語辞典』 (松柏社叢書 言語科学の冒険 25) (共著) 2010/07
2. 2010/12 著書  『文学・労働・アメリカ』 (共著) 2010/12
3. 2008/01 著書  『ウィリアム・スタイロンの世界』 (共著) 2008/01
4. 2007/03 論文  . College Fiction に表象される女子大生活と女性像(1) (単著) 2007/03
5. 2006/03 論文  The Promised Landにみる抑圧された語りとSelf-Made Womanへの道(2) (単著) 2006/03
6. 2004/11 論文  The Promised Landにみる抑圧された語りとSelf-Made Womanへの道(1) (単著) 2004/11
7. 2003/03 論文  アメリカ文化とユダヤ女性作家 (単著) 2003/03
8. 2002/01 著書  Analysis of Emergent Literacy and Home Literacy Strategies of International Preschoolers in Japan『日本のインターナショナルスクールで学ぶ幼稚園児におけるリテラシーの発達初期段階と家庭におけるリテラシーストラテジーの分析』(博士論文) (単著) 2002/01
9. 1999/04 論文  The Vegetable (1923) -Political Satireとしての可能性と限界 (II) (単著) 1999/04
10. 1998/11 論文  The Vegetable (1923) -Political Satireとしての可能性と限界 (I) (単著) 1998/11
全件表示(12件)
 学会発表
1. 2012/11/17 理論研究 [アメリカ文学と革命]  シャーロット・パーキンス・ギルマンのHerlandをめぐって(新英米文学会)
2. 2011/11/18 「『ディアンサがやったこと』‐ギルマンがめざした家事労働の社会化(昭和女子大学 女性文化研究所 第129回定例会)
 講師・講演
1. 2012/04 S・フィッツジェラルド 「メイデイ」(東京)
 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 1997/04~1998/06 昭和女子大学オープンカレッジ トッフル対策講座
2. 2005/01~2005/03 What’s Up Setagaya
3. 2005/04~2006/03 What’s Up Setagaya
4. 2006/08 English Camp
●作成した教科書、教材
1. 2006/07 What’s Up, Setagaya! Best Hits 2005
2. 2006/07 What’s Up, Setagaya! Complete 2005
3. 2008/02 POW: Phrase of the Week (テキスト&DVD)