photo
    (最終更新日:2019-03-07 17:08:37)
   マツノ タカノリ    MATSUNO Takanori
   松野 隆則
   所属
人間社会学部 心理学科
 
生活心理研究所 所属教員
 
生活機構研究科 心理学専攻
   職種
教授
 受験生・学生へのメッセージ
一度きりの人生ですから、好きなこと・やって嬉しいことをどんどんやって欲しい。その中に心理学を学ぶことが入る人に来て欲しい。
 ゼミ・研究室内容
認知の不思議について各自が抱いた疑問を、明確化し、実験・調査を通じて確かめていくことを目標としています。ゼミ生同士での討論や知恵の出し合い、共同作業から得るものが大きいようです。
 学問のきっかけ
卒論研究である推論課題に出会い、人間の推論が論理では説明がつかないことに感動を覚えた。
 主担当科目
思考心理学
 最終学位
文学修士
 学歴
1. 1987/03/25
(学位取得)
文学修士
 著書・論文歴
1. 2017/03 論文  自伝的記憶の想起が感情状態・自己肯定感に及ぼす影響 (共著) 2017/03
2. 2016/03 論文  「臨床研究用絵画完成課題」の作成 -課題遂行の個人差とASD傾向およびADHD傾向との関連- (共著) 2016/03
3. 2012/03 論文  手書き文字の感性印象と筆跡から推測されたおよび実際の書き手のパーソナリティ特性との関連について (単著) 2012/03
4. 2005/03 著書  現代人のこころのゆくえ-ヒューマン・インタラクションの諸相- (共著) 2005/03
5. 1998/03 論文  個人の中での集団帰属意識 (共著) 1998/03
6. 1999/03 論文  認知課題遂行時の Lateral Eye Movements -両耳分離聴法による半球活性化説の検討- (共著) 1999/03
7. 2001/06 論文  The affective basis of attributional processes among Japanese and Americans (共著) 2001/06
8. 1998/04 論文  The formation of gender- differentiated sentiments in Japan. (共著) 1998/04
9. 1997/01 論文  修飾語の付加による人物印象の変容 - 日本版amalgamation equations 同定の試み - (共著) 1997/01
10. 1994/06 論文  How similar are impression- formation processes among Japanese and Americans ? (共著) 1994/06
全件表示(16件)
 学会発表
1. 2018/10/12 「臨床研究用絵画完成課題」における成人期自閉スペクトラム症者の課題遂行(第59回日本児童青年精神医学会総会)
2. 2018/03/24 埋没図形課題遂行における視線運動の個人差-ASD傾向およびADHD傾向との関連-(日本発達心理学会第29回大家)
3. 2017/03 「臨床研究用絵画完成課題」遂行に関わる認知能力 -WAIS-Ⅲとの関連-(日本発達心理学会第28回大会)
4. 2016/08/29 Identifying information processing strategies during the picture completion test from eye tracking data(39th European Conference on Visual Percepion)
5. 2016/07/28 Effects of ASD and ADHD tendencies on visual processing task performance in typically developing people: An investigation from the perspective of global/local information processing(31st International Congress of Psychology)
6. 2016/04/29 臨床研究用「絵画完成課題」遂行の個人差 -ASDおよびADHD傾向との関連-(日本発達心理学会第27回大会)
7. 2015/03 臨床研究用「絵画完成課題」の作成(日本発達心理学会第26回大会)
8. 2014/06/28 自動車速度の推定にアンカーとの比較や質問の語法が及ぼす影響(日本認知心理学会第12回大会)
9. 2012/06/03 トイレマークの性別認知における色と形―男女ペア提示からの選択におけるストループ様効果―(日本認知心理学会第10回大会)