photo
    (最終更新日:2017-03-07 11:19:59)
   ウカイ ケイコ    UKAI Keiko
   鵜養 啓子
   所属
人間社会学部 心理学科
 
生活心理研究所 所属教員
 
生活機構研究科 心理学専攻
 
生活機構研究科 生活機構学専攻
   職種
教授
 受験生・学生へのメッセージ
臨床心理学を専門にしていこうとする人は、まず自分にしっかり目を向けることが大切。そして多くの人とふれあい、様々なことに興味を持つこと。
 ゼミ・研究室内容
心理臨床に関心を持つ学生が、それぞれ自分のやりたいことを見つけ、自分の力で成長していくことを大切にしたいと思います。思ったこと感じたことを積極的に話し合えるゼミにしたいと思います.
 学問のきっかけ
出身大学は教育学部教育心理学科で、学部自体が、学校教育を様々な形で支援することをめざしている学部だった。そこで、「学校教育」の講義を聴き、教師とはことなる視点で子どもの成長発達を援助する仕事として、スクールカウンセリングに興味を持った。
 主担当科目
学校臨床心理学 コミュニティ心理学、臨床心理学特論
 専門分野
コミュニティ心理学  臨床心理学 (キーワード:スクールカウンセリング コミュニティ コンサルテーション) 
 最終学位
学士
 学歴
1. 1970/04~1974/03 東京大学 教育学部 卒業 学士
 職歴
1. 1974/04~1979/03 関東学院六浦中学校・高等学校 非常勤カウンセラー
2. 1974/12~1979/03 昭和女子大学 短期大学部第二部 非常勤講師
3. 1979/04~1992/03 昭和女子大学 短期大学部初等教育学科 専任講師
4. 1979/04~1995/03 昭和女子大学 短期大学部第二部 兼務
5. 1991/04~2012/09 株式会社 日本・精神技術研究所 心理相談事業部 カウンセラー(面接担当スタッフ)
6. 1992/04~1993/03 新潟大学 教育学部 非常勤講師
7. 1992/04~1994/03 昭和女子大学 文学部心理学科 専任講師
8. 1994/04~2000/03 昭和女子大学 文学部心理学科 助教授
9. 1995/06~1998/03 東京都北区立十条中学校 スクールカウンセラー
10. 1998/04~1998/09 東京女子大学 文理学部 非常勤講師
全件表示(24件)
 著書・論文歴
1. 2016/09 著書  心の専門家が出会う法律[新版] (共著) 2016/09
2. 2016/02 その他 適応不適応をどう考えるか (単著) 2016/02
3. 2013/02 その他 子どもの心の疲れをどのようにキャッチするか―学校と家庭で子どもたちを見守るために (単著) 2013/02
4. 2012/08 著書  現場で役立つスクールカウンセラーの実際
8.スクールカウンセラーによる保護者支援(鵜養啓子) (共著) 2012/08
5. 2012/03 その他 連載 臨床心理学キーワード 学校現場の見立て 集団 コンサルテーション (単著) 2012/03
6. 2011/08 著書  スクールカウンセラーの雇用形態・勤務形態:鵜養啓子 (共著) 2011/08
7. 2011/08 著書  心理臨床学事典 (共著) 2011/08
8. 2011/08 論文  学校アセスメントから予防・啓発へ (単著) 2011/08
9. 2011/06 その他 登校にこだわらない親・子の理解と対応 (単著) 2011/06
10. 2011/02 著書  専門医の為の精神科リン小リュミエール29 自殺予防の基本戦略
 執筆分担箇所 Ⅶ 自殺プロセスに入り込まないために 2学校での対策 (共著) 2011/02
全件表示(90件)
 学会発表
1. 2011/09/25 第21回心の健康会議シンポジウム『“臨床心理士”専門業務の更なる社会化に向けて』(日本臨床心理士資格認定協会主催 第21回心の健康会議)
2. 2011/09/03 スクールカウンセラー事業のこれからの展望(シンポジウム話題提供)(日本心理臨床学会第30回秋期大会)
3. 2011/09/03 口頭発表座長 「現代型不登校」児への援助の検討  発表者 稲永 努(山口県スクールカウンセラー)大石 英史(山口大学教育学部)(日本心理臨床学会第30回秋期大会)
4. 2009/09 口頭発表座長 不登校の子どもの理解と早期対処 2-長期休業中における複合的対処法導入の効用の検証- 発表者寺田道夫(東海学院大学)(日本心理臨床学会)
5. 2008/09/06 スクールカウンセラー活動におけるスーパーバイザーの必要性と活用(日本心理臨床学会)
6. 2008/09/05 口頭発表座長 心理臨床教育としての学校支援「メンタルサポート・ボランティア活動」の検討―心理臨床実践基礎力・倫理感覚等を醸成する学外実習システム(日本心理臨床学会)
7. 2007/09/27 準備委員会企画シンポジウムいじめ現象について考える(日本心理臨床学会第26回大会)
8. 2007/09 学会自主シンポジウム児童生徒の反社会的問題行動に対するスクールカウンセラーの果たす役割-学内・外の連携(日本教育心理学会第49回総会)
9. 2006/09/17 学会企画シンポジウム新しい発展段階に来ているスクールカウンセラー事業のこれからの課題(日本心理臨床学会第25回大会)
10. 2006/09/16 口頭発表座長“学校への見立て”と子どもの困りごとをつなぐスクールカウンセラーのかかわり 不登校体験を持つ子どもたちが育まれる手立てとして(日本心理臨床学会第25回大会)
全件表示(45件)
 社会における活動
1. 1974/04~1999/03 東京大学教育学部心理教育相談室ケース担当
2. 1981/11~2000/03 三軒茶屋カンファランス(スーパーヴァイザー近藤章久先生)参加
3. 1982/11~1983/06 個人スーパーヴィジョンを受ける(スーパーヴァイザー 佐治守夫先生)
4. 1984/04~1986 東京都医療社会事業協会研修会「カウンセリング講座」講師
5. 1990/11~1990/11 横浜市社会福祉協議会特別研修会「カウンセリング基礎研修」講師
6. 1991/09~1998 練馬区教育委員会主催「校内研修講師派遣・学校訪問相談事業」講師
7. 1995/11~1995/11 文部省中央教育審議会第一小委員会において意見報告
8. 1997~2001 国立特殊教育総合研究所短期研修会講師
9. 1998/03~1998/03 東京都教育長社会教育課主催研修会講師
10. 1998/04~1999/03 東京都スクールアドバイザーリースタッフとして登録
全件表示(14件)
 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 1994/04~ 実践事例検討
2. 2000/04~ 個人スーパーヴィジョン、実践事例検討
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 2002/10~2003/02 学生による授業評価
2. 2008/04~2009/09 2009年度前期学生による授業改善アンケート結果
3. 2009/10~2010/02 2009年度後期 学生授業改善案ケート 臨床心理地域援助 評価項目はおおむね、それぞれ学科平均なみか、それを上回る評価であった。
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1981/11~2000/03 三軒茶屋カンファランス(スーパーヴァイザー近藤章久先生)参加
2. 1982/11~1983/06 個人スーパーヴィジョンを受ける(スーパーヴァイザー 佐治守夫先生)
3. 1984/04~1986 東京都医療社会事業協会研修会「カウンセリング講座」講師
4. 1990/11~1990/11 横浜市社会福祉協議会特別研修会「カウンセリング基礎研修」講師
5. 1991/09~1998/03 練馬区教育委員会主催「校内研修講師派遣・学校訪問相談事業」講師
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(19件)
 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1985~ 教員に対するコンサルテーション
2. 1985~ 臨床心理士等に対する個人スーパーヴィジョン
3. 1995~ スクールカウンセラー連絡協議会
4. 1995/03~2001/03 心の健康会議 話題提供
5. 1996/02 文部省平成7年度生徒指導推進会議第3分科会
6. 1996/09~1996/09 第15回日本心理臨床学会ワークショップ講師
7. 1997~ 学生に対する個人スーパーヴィジョン
8. 1997/07~1997/07 日本カウンセリング学会第30回大会研修会講師
●その他職務上特記すべき事項
1. 1997/11/22~1997/11/22 生活心理研究所 公開講座講師
2. 1999/05/22~1999/05/22 生活心理研究所 公開講座講師
全件表示(12件)
 委員会・協会等
1. 2000/05~2004/05 東京都世田谷区社会教育委員
2. 2003~2003 世田谷区健やか親子21計画策定委員会 委員
3. 2006/12~2007/04 内閣府「自殺総合対策あり方検討会」委員 委員
4. 2007/08~2008/03 文部科学省「指導が不適切な教員に対する人事管理システムのガイドラインに関する調査研究協力者会議」委員 委員
5. 2010/04/01~ 川崎市教育委員会総合教育センター教育相談センター専門員 専門員
6. 2011/10~ 日本臨床心理士会 評議員
 所属学会
1. 1975/04~ 日本教育心理学会
2. 1985/04~ 日本心理臨床学会
3. 1989~ 日本臨床心理士会
4. 1993~ 東京臨床心理士会
5. 1993/01~1994/03 ∟ 運営委員会〈広報担当)
6. 1994~1996 ∟ 監事
7. 1993/05~ 日本家族心理学会
8. 1994~ 学校臨床心理士ワーキンググループ(臨床心理士資格認定協会・日本臨床心理士会・日本心理臨床学会)
9. 1996/03~ 日本コミュニティ心理学会
 資格・免許
1. 1989/03/31 臨床心理士(第01594号)
 研究課題・受託研究・科研費
1. 2005~2006  「文部科学省スクールカウンセラー活用事業にかかわる学校臨床心理士へのサポートのあり方」 (基盤研究(C)) 
 教員審査
1. 1991/08 教員組織審査(昭和女子大学文学部心理学科 専任講師:心理基礎実験、カウンセリングの理論と技法)
2. 2002/08 教員組織審査(昭和女子大学人間社会学部心理学科 教授:臨床心理学他)
3. 2004/08 教員組織審査(昭和女子大学大学院生活機構研究科心理学専攻 教授:学校臨床心理学研究他)