photo
    (最終更新日:2018-03-02 14:54:00)
   カケガワ ノリコ    KAKEGAWA Noriko
   掛川 典子
   所属
女性文化研究所 所属教員
   職種
副所長
 受験生・学生へのメッセージ
大学では、みなさんは、これからの人生をどう生きるかの準備を自覚的にするのです。ゼミ体験などを通して、学ぶことを好きになって下さい。自分の世界が豊かになります。
 ゼミ・研究室内容
自分の関心を大切にしてテーマを選び、調べ、考え、成果を自分の言葉で表現する。ゼミはこのことの練習をする場ですので、皆で自由に楽しく活発に議論をしています。
 学問のきっかけ
「世界」がわからない、自分は何をして生きるべきなのか、などと悩み、日本史からキルケゴールの実存倫理学の研究に移りました。実存的テーマとしての女性論を追求しています。
 最終学位
文学修士
 学歴
1. 1977/03
(学位取得)
文学修士
 著書・論文歴
1. 2018/03 論文  ヘレーネ・シュテッカー著「男性ー運動」翻訳と解題 (単著) 2018/03
2. 2017/03 論文  「ヘレーネ・シュテッカー著「私たちの価値転換」(1897)」 (単著) 2017/03
3. 2016/03 論文  マリアンネ・ヴェーバー著「性生活の形式力」(1918)(2) (単著) 2016/03
4. 2015/03 論文  マリアンネ・ヴェーバー著「性生活の形式力」(1918)(翻訳) (単) 2015/03
5. 2014/03 論文  マリアンネ・ヴェーバー著「倫理的問題としての戦争」(1916)(翻訳) (単著) 2014/03
6. 2013/03 論文  マリアンネ・ヴェーバー著「議会的仕事形式ー雑談」(1919)(翻訳) (単著) 2013/03
7. 2012/03 論文  マリアンネ・ヴェーバー著「女性の特別な文化課題」(1918)(翻訳) (単著) 2012/03
8. 2011/08 論文  ヘレーネ・シュテッカーの学問修業時代(1892-1901) (単著) 2011/08
9. 2011/03 論文  マリアンネ・ヴェーバー著「学問する女性のタイプ変遷について」(1917)(翻訳) (単著) 2011/03
10. 2010/03 論文  マリアンネ・ヴェーバー著「結婚理想と婚姻法」(1914)(翻訳) (単著) 2010/03
全件表示(20件)
 学会発表
1. 2017/11/27 ヘレーネ・シュテッカーと「母性保護同盟」(昭和女子大学文化史学会第20回大会)
2. 2007/10/20 女性文化と女子教育ー未来につなぐー(世田谷6大学コンソーシアム合同公開講座講演)
3. 2007/05/29 ヘレーネ・シュテッカーの優生思想ー『母性保護』及び『新世代』から(昭和女子大学女性文化研究所研究会第107回)
4. 2004/10/27 女性たちのユートピアーケイ・ギルマン・シュテッカー・ヴェーバー・らいてうー(昭和女子大学女性文化研究所研究会第100回)