(最終更新日:2018-03-12 19:39:56)
   アキヤマ クミコ    AKIYAMA Kumiko
   秋山 久美子
   所属
生活科学部 食安全マネジメント学科
 
近代文化研究所 所属教員
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
 
女性健康科学研究所 所属教員
   職種
教授
 受験生・学生へのメッセージ
食を多方向から考えていく学科です。
 ゼミ・研究室内容
食品から環境問題まで広く扱っています。興味のあるテーマがあれば相談に乗っています。
 学問のきっかけ
大学入学後、授業で食品学実験の面白さを知り、卒業論文に選んだ時から現在に至っています。自らの力で、新しい知見を得ることはとても楽しいことです。
 最終学位
博士(学術)
 学歴
1. 2001/03/08
(学位取得)
博士(学術)
 著書・論文歴
1. 2017/12 論文  ウズラ卵ピータン調製における浸漬液組成の検討 (単著) 2017/12
2. 2016/03 著書  新ポケット 食品・調理実験辞典 (共著) 2016/03
3. 2015/12 論文  ピータン調製方法に関する文献調査とその検討 (単著) 2015/12
4. 2014/12 論文  マイクロ波加熱処理したパイナップル果汁入りゼリーの強度について (共著) 2014/12
5. 2014/03 著書  食べ物と健康 食事設計と栄養・調理 (共著) 2014/03
6. 2013/12 論文  マイクロ波加熱がパイナップル果汁中のプロテアーゼ活性に与える影響 (共著) 2013/12
7. 2012/09 論文  新聞広告に見る戦後日本の食生活の変遷 -昭和21年~30年ー (単著) 2012/09
8. 2011/12 論文  パイナップル果汁中に含まれるプロテアーゼの部分精製と酵素学的性質 (共著) 2011/12
9. 2011/04 著書  エキスパート 管理栄養士養成シリーズ 調理学 (共著) 2011/04
10. 2007/09 論文  清涼飲料水の近代史(第3報)-コレラ流行とラムネ- (単著) 2007/09
全件表示(31件)
 学会発表
1. 2017/08/31 リンゴの丸むき操作における巧拙と包丁操作の関係(2)(日本調理科学会平成29年度大会)
2. 2016/08/29 リンゴ丸剥き操作における巧拙と包丁操作の関係(日本調理科学会平成28年度大会)
3. 2015/08/25 ウズラ卵ピータンの卵殻に及ぼすアルカリの影響(日本調理科学会平成27年度大会)
4. 2015/05/17 Study on adzuki been skins remaining in the mouth after eating red beenpaste(12th Asian Congress of Nutrition)
5. 2014/09/12 若年層におけるチーズに関する知識と嗜好に関する調査(酪農科学シンポジウム)
6. 2014/08/30 機能性電解水のゴボウ褐変防止効果(日本調理科学会平成26年度大会)
7. 2013/09/20 The Study of Sprouts Cultivation Using the Slightly Acidic Electrolyzed Water Prepared with Hydrochloric Acid as Materials(IUNS 20th International Congress of Ntritionu)
8. 2013/05/19 小豆あんの嗜好を左右する要因に関する研究(日本家政学会)
9. 2013/05/18 グローバル時代の日本食文化教育のための実践的教材研究(日本家政学会)
10. 2013/03/06 もやし栽培における微酸性電解水の利用について(第8回微酸性電解水研究会)
全件表示(31件)
 講師・講演
1. 2018/01 調理実習の想像・創造と双贈(宇都宮市)
2. 2010/11 食べるということ(東京都立川市)
3. 2009/06 小児栄養(東京)
4. 2007/10 食と生活のかかわりについて(千葉県館山市)
 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2006/04/01 ポケット食品・調理実験辞典
2. 2011/04/10 エキスパート管理栄養士養成シリーズ 調理学(第3版)
3. 2014/03/01 食べ物と健康 食事設計と栄養・調理
 所属学会
1. 2016/09~ 日本酪農乳業史研究会
 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~  調理操作のバイオメカニクス的研究 機関内共同研究