(最終更新日:2019-03-16 15:37:56)
   イイノ ヒサカズ    IINO Hisakazu
   飯野 久和
   所属
生活科学部 管理栄養学科
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
 
生活機構研究科 生活機構学専攻
   職種
教授
 受験生・学生へのメッセージ
生活の中の現象を科学的視点より解説しようと試みる「目」は、ユニークな発想を養うことにも結びつきます。理屈ぽくなりますが、楽しいことも…。
 ゼミ・研究室内容
有用微生物のスクリーニング法とその応用、微生物生態学の方法論とその評価、など 以外、生化学分野も含め最新の研究方向について
 学問のきっかけ
仕事としてのめり込める何かがあると感じられたから…好きな分野と言うことですか
 最終学位
農学博士
 著書・論文歴
1. 2009/04 論文  Lactobacillus strains stabilize intetinal microbiota in Japanese cedar pollinosis patients (共著) 2009/04
2. その他 ラクチュロースの整腸作用に関する最小量の確認 (共著) 
3. その他 発酵文化の見据える先 (単著) 
4. 2018/12 論文  腸内細菌叢検索における試料保存方法がDNA解析に与える影響の評価 (共著) 2018/12
5. 2018/12 論文  腸内細菌叢検索における試料保存法がDNA解析に与える影響の評価 (共著) 2018/12
6. 2017/07 論文  ヒト試験における有効性評価と高度健康強調表示 -プレバイオテクスとプロバイオテクスを中心にー (単著) 2017/07
7. 2016/02 論文  新たな機能性表示食品制度とトクホ (共著) 2016/02
8. 2015/04 論文  摘果モモ果実のプルナシンと安全性評価の予備検討 (共著) 2015/04
9. 2013/04 論文  ブルガリアヨーグルト摂取による糞便中ビフィズス菌の増加作用を検証するプラセボ対照二重盲検比較試験 (共著) 2013/04
10. 2011/10 論文  Diversity of Intestinal Bifidobacteria in Patients with Japanese Ceder Pollinosis and Possible Influence of Probiotic Intervention (共著) 2011/10
全件表示(42件)
 学会発表
1. 2017/08/30 ラクチュロースの整腸作用に関する最小有効量の確認(日本食品科学工学会第64大会)
2. 2016/11/28 Gut microbiota associated with blood parameters and affected by probiotics during the Japanese cedar pollen season(5th Asian Federation of societies for Lactic Acid Bacteria International Symposium)
3. 2016/09/28 Occupancy of Equol-Producing Bacteria in Feces Correlates to Plasma Level of 17β-estradiol and Symptoms of Premenstrual Syndrome (PMS)(5th Asian Federation of Sociaties for Lactic Acid Bacteria International Symposium)
4. 2016/06/09 ある種の腸内サインの占有率は、月経付随不定愁訴や血漿女性ホルモン濃度と相関する(第20回腸内細菌学会)
5. 2014/10/23 Detection of human intestinal bacteria in differnt parts of facal samples by culture-dependent method and denaturing gradient gel electrophoresis(DGGE).(4th International symposium and meeting and the 9th Scientific conference and assembly)
6. 2014/10/23 Possible effects of keeping conditions to DNA extracted from human fecal samples.(4th International symposium and meeting and the 9th Scientific conference and assembly)
7. 2007/10 Strain-dependent Immunomodulatory Effect of Lactobacillus GG and L.gasseri TMC0356 and Health Promoting Benefits of Their Combination to Allergic Desease(Proc. Of The 4thAsianconference on Lactic Acid Bacteria, 24 (2007))
 講師・講演
1. 2010/11 東と西の発酵食品(東京)
2. 2008/12 乳酸菌の生理機能(山形県上山市)
3. 2008/10 腸内細菌と健康;プロバイオティックスとプレバイオティックス(東京)
4. 2008/06 発酵技術と伝統食(東京都)
 委員会・協会等
1. 2015/12~ ダノン栄養普及協会 理事
2. 2016/07/01~ 日本食品保蔵科学会 評議員