(最終更新日:2020-06-19 09:55:04)
   ワタナベ ユタカ    
   渡邊 寛
   所属
人間社会学部 心理学科
 
生活心理研究所 所属教員
   職種
助教
 最終学位
博士(学術)
 著書・論文歴
1. 2020/03 論文  男性役割意識化エピソードとその時の認知や感情に関する探索的検討 (共著) 2020/03
2. 2019/07 論文  男子大学生の男性役割態度と関連する親の要因 (単著) 2019/07
3. 2019/06 論文  上司の男らしさ要求による男性の職場感情と精神的不健康への影響 (単著) 2019/06
4. 2019/03 論文  NHK連続テレビ小説に表れる男性役割――時代的な変遷,登場人物の年代,女性主人公との関係性による差異―― (共著) 2019/03
5. 2018/03 論文  性的流浪性と異性への関心 (共著) 2018/03
6. 2017/12 論文  伝統的な男性役割態度尺度の開発と作成と信頼性・妥当性の検証 (単著) 2017/12
7. 2017/10 論文  多様化する男性役割の構造――伝統的な男性役割と新しい男性役割を特徴づける4領域の提示―― (単著) 2017/10
8. 2017/08 論文  新しい男性役割尺度の開発と信頼性・妥当性の検討 (単著) 2017/08
9. 2017/08 論文  青年における男性役割と恋人との関係――交際期間,関係満足度,結婚可能性との関連を分析して―― (共著) 2017/08
10. 2016/08 論文  新しい男性役割の側面に関する探索的検討 (共著) 2016/08
 学会発表
1. 2019/11 平成時代のNO.1ヒット曲の特徴――性別,属性,視点による分析――
2. 2019/09 NHK朝の連続テレビ小説にみる男性像の変遷――男性役割の構造を踏まえて――
3. 2019/09 男性役割態度の多側面的検討――4領域モデルの提唱――
4. 2019/07 Changes of male roles in Japanese TV drama from the ’60 to ’10s
5. 2019/07 Differences in attitudes toward male roles in Japan according to age
6. 2019/07 育児期夫婦における男性役割観と役割期待
7. 2019/03 現代日本人男性の役割観と職場・家庭環境の関連
8. 2018/09 働く男性の上司との関係性――上司からの男らしさ要求によって苦しんでいるのか――
9. 2018/08 偶然に存在する数値の係留効果と認知欲求による調整――Critcher & Gilovich(2008, 研究2)の直接的追試
10. 2018/08 夫にとっての夫婦関係満足度――男性役割態度と夫・父親役割要求による検討――
全件表示(21件)
 所属学会
1. カルチュラル・スタディーズ学会
2. 日本パーソナリティ心理学会
3. 日本心理学会
4. 日本発達心理学会
5. 日本社会心理学会