(最終更新日:2022-08-26 13:44:53)
   タカギ トシオ    TAKAGI Toshio
   髙木 俊雄
   所属
グローバルビジネス学部 会計ファイナンス学科
 
現代ビジネス研究所 所属教員
 
生活機構研究科 福祉社会研究専攻
   職種
准教授
 主担当科目
経営組織論、経営戦略論、経営管理論
 専門分野
経営組織論, 経営管理論, 経営戦略論, 組織行動論 
 最終学位
博士(経営学)
 学歴
1. 2022/01/25
(学位取得)
明治大学大学院 博士(経営学)
2. 2003/04~2008/03 明治大学大学院 経営学研究科 経営学専攻 博士課程中退
3. 2000/04~2002/03 明治大学大学院 経営学研究科 修士課程修了 修士(経営学)
4. 1999/04~2000/03 産業能率大学大学院 経営情報学研究科 経営情報学専攻 修士課程中退
5. 1995/04~1999/03 千葉商科大学 商経学部 経営学科 卒業 学士(経営学)
 職歴
1. 2021/04~ 昭和女子大学大学院 生活機構研究科 福祉社会研究専攻 准教授
2. 2019/09~2023/03 学習院大学 国際社会科学部国際社会科学科 非常勤講師
3. 2019/04~2021/03 駒澤大学 経営学部経営学科 非常勤講師
4. 2018/04~ 昭和女子大学 グローバルビジネス学部 会計ファイナンス学科 准教授
5. 2016/04~ 昭和女子大学 現代ビジネス研究所 所員
6. 2016/04~2017/03 昭和女子大学 昭和デザインオフィス 所員
7. 2016/04~2023/03 明治大学 経営学部 非常勤講師
8. 2016/04~2018/03 昭和女子大学 グローバルビジネス学部 ビジネスデザイン学科 准教授
9. 2014/04~2015/03 UCLA Anderson School of Management Visiting Scholar
10. 2013/04~2016/03 沖縄大学 法経学部 教授
全件表示(21件)
 著書・論文歴
1. 2021/10 著書  『戦略経営論 〈第3版〉 競争力とグローバリゼーション』(翻訳) (共) 2021/10
2. 2021/09 論文  Changes and Possibilities of Problem Based Learning Education in COVID-19: A Case Study of Business Administration Education in Japanese Universities (共著) 2021/09
3. 2021/02 論文  役員・管理職を目指す女性育成の課題 (共著) 2021/02
4. 2020/09 論文  Construction of Dominant Logic and Emergence of Various Actions: The Case of Japanese Agricultural Cooperatives (共著) 2020/09
5. 2020/03 論文  The collapse of the 'myth of longevity' and the construction of alternatives: The case of the Okinawan health food industry (共著) 2020/03 Link
6. 2020/02 論文  大学学部教育におけるPBLプログラムと拡張的学習:徳島県海陽町における地方創生をテーマとした学びを通じて (共著) 2020/02
7. 2019/04 著書  『マクロ組織論』 (共著) 2019/04
8. 2018/08 論文  Are we all in the same boat?: "The black company problem" in Japan (共著) 2018/08
9. 2017/08 論文  ブラック企業にみる日本的経営の意味-経営者と従業員の言説的不協和- (共著) 2017/08
10. 2017/07 著書  『想定外のマネジメント-高信頼性組織とは何か-(第3版)』(翻訳) (共) 2017/07
全件表示(37件)
 学会発表
1. 2021/09 Changes and Possibilities of Problem Based Learning Education in COVID-19: A Case Study of Business Administration Education in Japanese Universities(British Academy of Management (BAM) 2021 Conference)
2. 2020/09 Construction of Dominant Logic and Emergence of Various Action: The Case of Japanese Agricultural Cooperatives(The 34th Annual British Academy of Management (BAM) Conference)
3. 2019/11 The Failure and Reconstruction of Place Branding: The Case of the Opening of the Hokkaido Shinkansen Japan(The International Place Branding Association’s 4th Annual Conference)
4. 2019/10/19 組織研究における社会構成主義の展開(2020年度組織学会60周年記念年次大会)
5. 2019/06/08 PBLにおける企業側の介入が学生の学習拡張性に与える影響(日本情報経営学会 第78回全国大会)
6. 2018/08/14 Are we all in the same boat?: The 'black company problem' in Japan(Academy of Management Annual Meeting)
7. 2018/03/22 Comparative study between neo-institutional theory and practice turn(IMI International Research Workshop in Hawaii)
8. 2017/07/12 Organization as cultural cage: exhaustion of flesh and spirit of Japanese laborers(Standing Conference on Organizational Symbolism 2017)
9. 2017/07/11 The organizational cultures effect on information security - a comparison between Japanese and Swedish banking industry(Standing Conference on Organizational Symbolism 2017)
10. 2017/07 The Collapse of the 'Myth of Longevity' and the Construction of Alternatives: The Case of the Okinawan Health Food Industry(2017 AJBS Conference)
全件表示(20件)
 講師・講演
1. 2017/11 Japan's "ブラック企業"(exploitative enterprise or "black" kigyo) problem and its solutions
2. 2015/08 “Fukushima No. 1 Nuclear Power Plant: The Moment of “Safety Myth” Collapses”
3. 2014/07 "Security, Safety and High Reliability: On the Results of Interviews to the Japanese ICT Industry”
 社会における活動
1. 2019/06~ 徳島県美波町・千葉県香取市・新潟県燕市×昭和女子大学プロジェクト(「地方創生×SDGs」中高大学生共同研究プロジェクト)
2. 2019/04~2020/02 ダイエー×昭和女子大学プロジェクト(「スマートストア」構築プロジェクト)
3. 2019~ 昭和女子大学×新潟県立燕中等教育学校×株式会社MGNET SDGs調査研究・教育プロジェクト
4. 2018/07~2018/12 Amazon Japan×昭和女子大学プロジェクト(「Amazon Prime Student」プロモーションプロジェクト)
5. 2018/05~ アサヒ飲料株式会社×昭和女子大学プロジェクト(「飲料を通じた健康施策」提案プロジェクト)
6. 2018/04~ 海陽町×昭和女子大学地域創生プロジェクト(海陽町自然+しごと+防災ツーリズム事業)
7. 2018/03~ 京王電鉄株式会社×昭和女子大学プロジェクト(「女子大生が恋する!」井の頭線プロジェクト)
8. 2017/10~ 株式会社三恵×昭和女子大学 プロジェクト
9. 2017/09~2018/03 株式会社マークス×昭和女子大学プロ ジェクト
10. 2017/07~2018/02 株式会社沖縄ファミリーマート×昭和女子大学プロジェクト
全件表示(11件)
 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2019/04/01~ 地方創生×SDGsプログラムの企画・実施・検証 Link
2. 2010/04/01~ 大学学部教育におけるPBLプログラムの企画・実施・検証 Link
●作成した教科書、教材
1. 2019/04~ 『マクロ組織論』
2. 2012/04~ 『マネジメント』
3. 2008/04 『経営戦略理論史』
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 2020/02/12 Teachers of the Year受賞
2. 2016/04/01~ 学生による授業評価【昭和女子大学】
3. 2014/03 学生による授業評価【沖縄大学】
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2019/08~2019/08 昭和女子大学「保育士等キャリアアップ研修」研修講師
2. 2018/12~2019/03 内閣府「女性エグゼクティブ育成研修-役員を目指して知識と見識を高める-」研修講師、調査分析
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(17件)
 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2021~ 横浜市保育士セミナー講師
2. 2019~ 東京都保育士セミナー講師
3. 2019~ 新潟県立燕中等教育学校総合的探究の時間講師
4. 2018~2019 内閣府女性エグゼクティブ育成研修講師
5. 2018~2018 昭和女子大学キャリアカレッジ講師
 委員会・協会等
1. 2016~ 日本情報経営学会幹事 -
2. 2016~ 日本情報経営学会編集委員 -
3. 2017~2019 日本経営学会広報委員 -
 所属学会
1. 2015~ Academy of Management
2. 2015~ 日本情報経営学会
3. 2017~ ∟ 幹事
4. 2015~ 日本経営学会
5. 2017~2019 ∟ 広報委員
6. 2015~ 組織学会
7. 2015~ 経営哲学学会
8. 2015~ 経営学史学会
9. 2015~ 経営情報学会
10. 2017~2019 ∟ 学会誌副編集長
全件表示(13件)
 受賞学術賞
1. 2002/03 明治大学 明治大学大学院修了生総代
2. 2005/04 産業・組織心理学会 産業・組織心理学若手研究者支援
3. 2020/09 British Academy of Management BAM2020 Conference Best Developmental Paper for International Business and International Management
4. 2021/09 British Academy of Management BAM2021 Conference Best Full Paper for Knowledge and Learning
 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~  これからの組織に求められる危機への対応とレジリエンス:高信頼性組織論の視点から 基盤研究(B) 
2. 2020/04~  大学経営学教育におけるPBLの導入とその有効性の検証 基盤研究(C) 
3. 2018/04~  「ブラック企業」問題とこれからの企業経営ー新たな日本的経営の模索ー 基盤研究(C) 
4. 2016/04~2020/03  地域ブランドの構築および崩壊に関するディスコース分析:沖縄の「長寿」を対象にして 基盤研究(C) 
5. 2016/04~2020/03  日本企業の高信頼性組織化:組織的視点からの安全とセキュリティの追求 基盤研究(B) 
6. 2016/04~2019/03  経営実践における「戦略」の正当化と「戦略論」の規範喪失に関する理論的・実証的研究 研究課題 若手研究(B) 
7. 2015/04~2018/03  トランス・サイエンス問題への経営学からの応答:原子力発電企業の事例から 基盤研究(C) 
8. 2015/04~2018/03  重要インフラ企業における安全文化構築に関する研究 基盤研究(C) 
9. 2012/04~2015/03  リスク社会での「専門家と市民の協働」構築:原子力発電企業の「安全・安心」問題から 基盤研究(C) 
10. 2011/04~2015/03  日本企業における高信頼性組織のあり方についての比較研究 基盤研究(B) 
全件表示(16件)