(最終更新日:2023-08-02 10:14:03)
   カワサキ ヒロアキ    KAWASAKI Hiroaki
   川崎 広明
   所属
食健康科学部 管理栄養学科
 
女性健康科学研究所 所属教員
   職種
専任講師
 最終学位
博士(理学)
 学歴
1. 2008/03/31
(学位取得)
博士(理学)
 職歴
1. 2023/04~ 昭和女子大学大学院 女性健康科学研究所 所員
2. 2021/04~ 昭和女子大学 食健康科学部 管理栄養学科 専任講師
3. 2018/04~2021/03 昭和女子大学 生活科学部 管理栄養学科 専任講師
 著書・論文歴
1. 2023/08 論文  Effects of neutron radiation generated in deep space-like environments on food resources (共著) 2023/08
2. 2023/04 論文  Effects of neutron radiation as cosmic radiation on food resources. (共著) 2023/04
3. 2021/03 論文  炎症性腸疾患の抑制に関わる分子の探索ー動物モデルを用いた運動の効果ー (共著) 2021/03
4. 2019/12 論文  神経成長因子によるPC12細胞の分化誘導と14-3-3εのトリプトファン残基ニトロ化修飾 (共著) 2019/12
5. 2019/12 論文  芳香族ニトロ化合物に感受性の高い変異原性試験を用いたニトロトリプトファンの変異原性の検討 (共著) 2019/12
6. 2018/12 論文  トリプトファンのニトロ化修飾 (共著) 2018/12
7. 2018/11 論文  Tryptophan nitration of immunoglobulin light chain as a new possible biomarker for atopic dermatitis. (共著) 2018/11
8. 2017/04 論文  Accumulation of immunoglobulin G against Dermatophagoides farinae tropomyosin in dorsal root ganglia of NC/Nga mice with atopic dermatitis-like symptoms. (共著) 2017/04
9. 2016/12 論文  Relationships among plasma granzyme B level, pruritus and dermatitis in patients with atopic dermatitis. (共著) 2016/12
10. 2016/12 論文  ラットの海馬におけるニトロトリプトファン含有タンパク質に対する身体運動の影響 (共著) 2016/12
全件表示(29件)
 学会発表
1. 2022/12 Effects of neutron radiation on food in deep space environments.(AMACEE2022/ATSA2022/LEA2022 Joint International Conference)
2. 2022/12 アトピー性皮膚炎モデルマウスC.KOR/ StmSlc-Traf3ip2adjmの皮膚における6-ニトロトリプトファン生成(日本トリプトファン研究会 第41回学術集会)
3. 2022/12 インドール環含有トリプトファン代謝物はペルオキシナイトライトに対する生体内抗酸化物質となり得るのか?〜スペクトル測定からの検討〜(日本トリプトファン研究会 第41回学術集会)
4. 2022/11 深宇宙環境における食肉への中性子線の影響(2022年度 RANS シンポジウム)
5. 2022/09 深宇宙環境におけるドライ食肉への中性子線の影響(日本物理学会2022年秋季大会)
6. 2022/05 The modification of meats with a cosmic neutron radiation.(Neutrons and Food 6)
7. 2022/03 Effects of neutron radiation as cosmic radiation on food resources.(UCANS9 International Symposium)
8. 2022/02 ウサギ筋肉ピルビン酸キナーゼのペルオキシナイトライトによる活性低下(日本トリプトファン研究会第40回学術集会)
9. 2022/02 調理過程が食肉中のニトロ化トリプトファンに及ぼす影響の解明(日本トリプトファン研究会第40回学術集会)
10. 2022/02 食肉への宇宙放射線の影響(日本トリプトファン研究会第40回学術集会)
全件表示(87件)
 講師・講演
1. 2015/10 ニトロ化ストレスとかゆみ〰アトピー性皮膚炎とニトロ化タンパク質〰(東京)
2. 2012/03 新規酸化ストレスマーカー:6-ニトロトリプトファンの生体内生成(京都)
3. 2011/03 タンパク質の新規ニトロ化修飾―生体内での6-ニトロトリプトファンの生成(熊本)
 委員会・協会等
1. 2019/12~ 日本トリプトファン研究会 常任幹事
 所属学会
1. 2008/12~ 日本トリプトファン研究会
2. 2008/12~ 日本生化学会
 取得特許
1. 2017/05/19 一酸化窒素ストレスの診断方法(特許第6143550号)
 受賞学術賞
1. 2013/06 第13回日本NO学会学術集会トラベルアワード最優秀賞 (Carbonic anhydrase IIIのニトロ化修飾によるアトピー性皮膚炎の病態形成機構の解明)
 研究課題・受託研究・科研費
1. 2009/04~2012/03  高血圧に伴う酸化・ニトロ化傷害への長期運動効果の分子機構のモデルラットによる解明 基盤研究C 
2. 2013~2014  14-3-3タンパク質の酸化ストレス依存性機能障害による神経疾患病態形成機構の解明 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2014/04~2016/03  タンパク質の新規酸化修飾産物を用いた脳血管疾患の予防マーカーの開発 基盤研究C 
4. 2019/04~2022/03  運動がアレルギー疾患を抑制する機序の解明 基盤研究C 
5. 2019/04~2022/03  適度な自発運動は、炎症性大腸炎を予防できるか? 基盤研究C 
6. 2019/04~2023/03  食品中のニトロ化トリプトファン生成が生体へ及ぼす影響の解析 基盤研究C 
7. 2022/04~2025/03  ニトロ化タンパク質が食物アレルギーの発症に果す役割の解明 基盤研究C