photo
    (最終更新日:2018-05-08 09:37:54)
   ワタナベ ナカミチ    WATANABE Nakamichi
   渡辺 睦行
   所属
生活科学部 健康デザイン学科
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
 
女性健康科学研究所 所属教員
   職種
准教授
 受験生・学生へのメッセージ
10年頑張ってみて、
それでもダメだったらあきらめても良いですよ
 ゼミ・研究室内容
運動能力向上効果を持つ食品成分の探索のそのメカニズムの解明
低酸素血症に有効な食事成分の検討
糖質制限食の是非に関する研究
 学問のきっかけ
あまり深く考えずに生きていただけです。
 最終学位
博士(農学)
 学歴
1. 2005/03/25
(学位取得)
博士(農学)
 職歴
1. 2016/04~2017/03 昭和女子大学 昭和デザインオフィス 所員
 著書・論文歴
1. 2018 論文  蜜蝋はDHA・EPAの吸収率を向上させる (単著) 2018
2. 2017 論文  慢性腎臓病発症閉経モデルラットにおける酸化障害,抗酸化能に対する食餌アーモンドペースト投与の影響 (共著) 2017
3. 2016 論文  グリーンナッツオイルの抗アレルギー効果と脂肪酸組成 (共著) 2016
4. 2015/10 著書  いちばんやさしい管理栄養士国家試験合格講座 −最新出題基準対応− (単著) 2015/10
5. 2015 著書  Enteral Diets and Parenteral Feedings with Different n-6/n-3 Ratios in Rats
and Mice (単著) 2015
6. 2015 著書  Importance of n-3 Polyunsaturated Fatty Acids in Critical Care (単著) 2015
7. 2015 論文  Dietary Sorghum Prevents the Elevation of Blood Pressure in KK-Ay Mice (共著) 2015
8. 2015 論文  Fatigue alleviation mechanism of citric acid determined by gene expression analysis in the mouse liver (共著) 2015
9. 2015 論文  クエン酸の単独投与がラットの臓器脂質過酸化および血液流動性に及ぼす影響 (共著) 2015
10. 2014 論文  Effects of dietary green rooibos on physical endurance in swimming mice (共著) 2014
全件表示(39件)
 学会発表
1. 2018/03/03 スイスチャードに機能性は見いだせるのか?探索的アプローチによる検討(日本食品科学工学会 関東支部大会)
2. 2017/12/02 Living High Training Low (LHTL)モデルマウスの検討(第24回 日本ヘモレオロジー学会学術総会)
3. 2017/11/26 クエン酸は疲労軽減に有効な食品成分となり得るか?(第4回 日本血管血流学会学術集会)
4. 2017/09/12 A novel mechanism of dietary fish oil resulting in an increase in swimming time in mice(2nd ACOS & 56th JOCS Meeting)
5. 2016/01/10 低酸素曝露がラットの糖質代謝および炎症関連遺伝子の発現に及ぼす影響とクエン酸投与の効果(第19回 日本病態栄養学会)
6. 2015/11/22 エイコサペンタエン酸(EPA)のマウス遊泳時間延長効果のメカニズムに関する一考察(第2回 日本血管血流学会学術集会)
7. 2015/11/21 クエン酸の摂取とリポポリサッカライド(LPS)刺激がラットの血液流動性および臓器の脂質過酸化に及ぼす影響(第22回 日本ヘモレオロジー学会総会)
8. 2015/11/21 低酸素曝露に対するラットの初期生体応答とクエン酸投与の影響(第22回 日本ヘモレオロジー学会総会)
9. 2015/11/21 妊娠授乳期の高たんぱく糖質制限食の摂取が仔ラットに及ぼす影響(第22回 日本ヘモレオロジー学会総会)
10. 2015/11/21 魚油は何故マウスの遊泳時間を延長するのか?(第22回 日本ヘモレオロジー学会総会)
全件表示(102件)
 講師・講演
1. 2017/11 今日の夕食 肉にしませんか?
2. 2016/02 冷えを予防して、いきいき健康美をつくる生活術
3. 2014/02 オレイン酸の効能(大阪)
4. 2013/01 長野県特産品の特徴及び豚肉のオレイン酸の特性について(長野)
5. 2012/09 オレイン酸の紹介 ~学術的な見地から~(東京)
6. 2007/09 Nutritional Function of Japanese Tempe and Miso(Surabaya, Indonesia)
7. 2004/02 血液と魚油の効能 -その健康への役割-
 委員会・協会等
1. 2015/11/21~2015/11/21 第22回日本ヘモレオロジー学会学会長
 取得特許
1. 2008/09/25 紫外線防御剤(2008-222633)
2. 2011/11/17 2型糖尿病改善剤及びそれを含有する飲食物(2011-231095)
3. 2013/03/21 血圧上昇抑制剤及びこれを含有する飲食品(2013-53107)
 受賞学術賞
1. 2012/08 日本食品科学工学会 若手の会 企業賞(共同研究者として)
2. 2012/12 日本ヘモレオロジー学会 ポスター プレゼンテーション賞(共同研究者として)
3. 2013/03 日本食品科学工学会平成25年度関東支部大会 優秀賞(共同研究者として)
4. 2016/10 日本臨床栄養学会 若手奨励賞 入賞(共同研究者として)
5. 2017/09 2nd ACOS & 56th JOCS Meeting Best Poster Award
 研究課題・受託研究・科研費
1. 2005/04~2006/03  γ-アミノ酪酸(GABA)の血液粘度低下効果に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2007/04~2008/03  大腸まで到達する脂肪酸マイクロカプセルの作製 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2008/04~2009/03  卵黄レシチンの皮膚機能改善効果に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究 
4. 2008/04~2009/03  大豆発酵食品のミネラル利用性向上効果に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2009/04~2010/03  発酵大豆たん白質のマウス持久力増強効果に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究 
6. 2009/08~  植物抽出物の持久力増強効果に関する研究 企業からの受託研究 
7. 2010/10~2012/03  コーリャンワックスの2型糖尿病改善効果 企業からの受託研究 
8. 2012/04~  ゲラニルゲラニオールのアレルギー抑制効果 企業からの受託研究 
9. 2012/04~2013/03  ヒマワリ内径食物繊維の肥満抑制効果 企業からの受託研究 
10. 2012/09~  蜜蝋の添加によるDHA・EPAの吸収率向上効果に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究 
全件表示(12件)