ムラマツ シュキ    MURAMATSU Shuki
   村松 朱喜
   所属
食健康科学部 健康デザイン学科
 
女性健康科学研究所 所属教員
   職種
専任講師
研究期間 2008~2009
研究課題 メチロトローフ酵母の酸素応答システムとエピジェネティクス制御
実施形態 科学研究費補助金
研究委託元等の名称 日本学術振興会
研究種目名 若手研究(B)
採択科研究課題番号 20780061
キーワード 環境応答、酸素認識、エピジェネティクス、メチロトローフ酵母、Pichia methanolica、シトクロムc
代表分担区分 研究代表者
概要 ヒトを含む生物にとって酸素はエネルギー獲得のためにはなくてはならないものであるが、反応性が高く活性酸素種を生み出す要因である。そのため生物には酸素を認識、応答するシステムが存在すると推測される。申請者が着目したメチロトローフ酵母におけるメタノール代謝は、初段階酵素アルコールオキシダーゼ(AOD)の酵素反応と呼吸鎖の二カ所で酸素を必要とする。AOD発現は呼吸鎖活性により制御されていることを示されたことから、呼吸鎖構成因子シトクロムcの発現について解析しAOD発現制御との関係を考察した。P. methanolicaはメタノールおよび酸素濃度に応じてCYC1発現を制御し、代謝を調節していることが推測されまた、ヒストンアセチル化賦活剤により、AODの誘導量の増加が見られ、エピジェネティクス制御の存在の可能性が示唆された。