ユルリ マコト    YURURI MAKOTO
   緩利 誠
   所属
総合教育センター 所属教員
 
現代教育研究所 所属教員
 
人間文化学部 歴史文化学科
 
生活機構研究科 人間教育学専攻
   職種
准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2011/03
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 日本における脳科学の政策動向とその意図―「教育への応用」をめぐって―
執筆形態 単著
掲載誌名 浜松学院大学研究論集
出版社・発行元 浜松学院大学
巻・号・頁 (7),75-96頁
概要 1990年代以降の脳科学研究の高度化・大規模化に伴い、国策として展開されてきた脳科学の政策動向を分析することによって、教育への応用にあたり、どのような立場から何を明らかにしようと試みているのか、その意図を明らかにした。分析の結果、①「ディシプリン志向」から「イシュー志向」への転換、②希望的観測による「脳科学の応用」から、教育問題に直接貢献するための「教育の脳科学」への転換、および③現代社会における社会問題の解決をはじめとする「近視眼的な科学技術の発展・予測」から目指すべき社会の姿(というニーズ)からこれからの科学技術を考える「遠視眼的な科学技術の発展・予測」への転換という3点に特徴が見出された。