ウエマツ ヨウコ    UEMATSU Yoko
   植松 容子
   所属
人間文化学部 日本語日本文学科
   職種
専任講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/10
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 日本語教育における「ようになる」の扱い―韓国語母語話者を対象とした文法記述のために―
執筆形態 単著
掲載誌名 学苑
出版社・発行元 昭和女子大学
巻・号・頁 (864),30-37頁
概要 本稿は、日本語教育における「ようになる」の扱い方について、教科書分析の手法を落ちいて調査を行ったものである。その結果、「ようになる」は初級後半に「技能の獲得」(例:日本に来てからできるようになったこと)という文脈で提出されることが多く、文法説明は「状態変化を表す」と説明される傾向がある。さらに、この結果を韓国語母語話者の誤用例と照合してみると、このような説明は日本語学的には妥当であるものの、非母語話者の運用につなげる記述としては、十分であるとは言えない。とりわけ、韓国語母語話者を対象とした場合には、記述に不足している点があることを主張した。