ウエマツ ヨウコ    UEMATSU Yoko
   植松 容子
   所属
人間文化学部 日本語日本文学科
   職種
准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2007/12
形態種別 大学・研究所等紀要
査読 査読あり
標題 自動詞使役構文の意味特徴-被使役者が非情物の場合を中心に-
執筆形態 単著
掲載誌名 国文学攷
出版社・発行元 広島大学国語国文学会
巻・号・頁 (196),1-11頁
概要 「高齢者が餅をのどに詰まらせた」という文は「*高齢者が餅をのどに詰めた」という他動詞表現に言い換えることはできない。本稿は、被使役者が非情物の場合の自動詞使役構文に注目して、その意味特徴を記述した。その結果、何かの原因をきっかけとして、被使役者の自発性により変化が起こる(=自然にそうなる)場合に自動詞使役構文が用いられるということを述べた。