スナガ テツヤ    SUNAGA Tetsuya
   須永 哲矢
   所属
人間文化学部 日本語日本文学科
 
近代文化研究所 所属教員
   職種
准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2011/11
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 明治前期の異体漢字と文字コード―『明六雑誌』を事例として―
執筆形態 共著
掲載誌名 人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2011」論文集
出版社・発行元 情報処理学会
巻・号・頁 381-388頁
概要 (全体概要)明治前期の雑誌『明六雑誌』の漢字活字に関し、現行の符号化文字集合と字形差にある異体字を調査し、それら異体字を電子的に表現するために、包摂規準の拡張案を提示した。
(担当部分概要)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。主に活字字形の日本語学的検討・包摂規準拡張案作成:須永担当、データ処理・機械による統計処理:堤担当
共著者:須永哲矢・堤智昭・高田智和