シミズ フミコ    SHIMIZU Fumiko
   清水 史子
   所属
生活科学部 管理栄養学科
 
女性健康科学研究所 所属教員
 
生活機構研究科 生活科学研究専攻
   職種
准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/09
形態種別 その他
標題 うつ病とトリプトファン代謝
執筆形態 共著
掲載誌名 BRAIN and NERVE
掲載区分国内
出版社・発行元 医学書院
巻・号・頁 70(9),1025-1031頁
著者・共著者 高田明和、清水史子、高尾哲也
概要 トリプトファン代謝系には3種類ある。セロトニン系は気分、不安、記憶、認知などに関与するが、うつ病では障害されている。キヌレニン系では免疫、炎症、筋運動、メンタルヘルスに関係している。単極性のうつ病患者の血漿中のセロトニンは非常に低い検知不能であった。5-ヒドロキシインドール酢酸/トリプトファン比、キヌレニン/トリプトファン比は健常者とうつ病患者では差がなかった。単極性と双極性のうつ病では治療法、薬剤が異なるのでトリプトファン代謝を研究することは重要である。