キクタ タクヤ    KIKUTA Takuya
   菊田 琢也
   所属
環境デザイン学部 環境デザイン学科
   職種
専任講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012
形態種別 単行本
標題 相対性コム デ ギャルソン論: なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか
執筆形態 共著
掲載区分国内
出版社・発行元 フィルムアート社
総ページ数 399
担当範囲 168〜193, 194〜219, 374〜387
著者・共著者 西谷真理子(編)
概要 (全体概要)
国内外を問わず、数多くの言論が残されているコム デ ギャルソンについて、先行研究などで見られる問題点や課題を整理した上で、改めて再考した書籍。
(担当部分概要)
論考「装飾の排除から、過剰な装飾へ 「かわいい」から読み解くコム デ ギャルソン」、インタビュー「コム デ ギャルソンのモダニズム、アヴァンギャルディズム、少年性の批評的検証」、資料「年譜・川久保玲とコム デ ギャルソン」「コム デ ギャルソン」を読み解くためのブックガイド26」を担当。論考では、「かわいい」概念について考察し、それを踏まえて、「前衛」という言葉を中心に記述されるコム デ ギャルソンの読み替えを試みた。