イトウ ジュン    ITOH Jun
   伊藤 純
   所属
人間社会学部 福祉社会学科
 
女性文化研究所 所属教員
 
生活機構研究科 福祉社会研究専攻
 
現代ビジネス研究所 所属教員
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2005/02
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 高齢者ソーシャル・サービスと新家事労働その2
執筆形態 単著
掲載誌名 『学苑(人間社会学部紀要)』
掲載区分国内
出版社・発行元 昭和女子大学近代文化研究所
巻・号・頁 (772),132-141頁
概要 本稿は、前項19(「高齢者ソーシャルサービスと新家事労働その1」)の続編に当たるものであり、前報で残された研究課題である高齢者ソーシャル・サービスの費用負担の問題を含めて、「新家事労働」の理論の深化を図ることを目的とした。第1に、ドイツの家政学者Maria Thiele-Wittigの「新家事労働」の理論を援用し、生活の社会化とそれに伴う「新家事労働」「新家計支出」の概念図を独自に作成した。この中で、フォーマルな社会資源によって代替され、尚且つ支払いの発生する「新家事労働」を「フォーマル社会的新家事労働」及び「新家計支出」の例として「地域福祉権利擁護事業」に着目し、この事業の担当者(S区社会福祉協議会権利擁護センター専門員)へのヒアリング調査を行った。第3に「成年後見制度」の利用過程における「新家事労働」「新家計支出」を理論的に抽出した。