イトウ ジュン    ITOH Jun
   伊藤 純
   所属
人間社会学部 福祉社会学科
 
女性文化研究所 所属教員
 
生活機構研究科 福祉社会研究専攻
 
現代ビジネス研究所 所属教員
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008/11
形態種別 単行本
標題 介護福祉教育の展望―カリキュラム改正に臨み―
執筆形態 共著
出版社・発行元 光生館 全194頁
巻・号・頁 42-52頁
総ページ数 194
著者・共著者 編者:西村洋子・太田貞司 執筆者:西村洋子、井上千鶴子、澤田信子、伊藤純、片桐麻佳、船田春香、柏原浩子、山下英二、古田千寿恵、佐々木好子、浦野喜代美、南部萌恵、宮向直、上之園佳子、太田貞二、坊岡正之、中川英子、塩谷久子
概要 (全体概要)平成21年に「社会福祉士及び介護福祉士法」の改正を受けて、介護福祉士養成教育カリキュラムの改正がなされた。本書は介護福祉教育の展望について、地域ケア・地域福祉、リハビリテーション教育、家庭生活、在宅介護等に焦点を当て分析したものである。
(担当部分概要)「第2章 介護福祉教区の現状と課題」における「第1節 介護福祉教育にみられる家庭生活の経営と管理の意義」を担当した。まず、新カリキュラムにおいて技術的な側面に矮小化された「家政学概論」について、その目的と内容を確認し、次に介護福祉教育における家庭経営学の重点課題を整理した。さらに、家庭経営(管理)にとどまらず、今後の介護福祉教育の領域において「生活福祉経営」ともいうべきマネジメント能力が必要であることを論じた。
ISBN 978-4-332-60092-3