イトウ ジュン    ITOH Jun
   伊藤 純
   所属
人間社会学部 福祉社会学科
 
女性文化研究所 所属教員
 
生活機構研究科 福祉社会研究専攻
 
現代ビジネス研究所 所属教員
   職種
教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2013/03
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 生活時間に見る中高年期男女の家族介護の現状とワーク・ライフ・バランスをめぐる課題―「平成23年社会生活基本調査」の利用を通じて―
執筆形態 単著
掲載誌名 『学苑』
出版社・発行元 昭和女子大学近代文化研究所
巻・号・頁 (869),14-22頁
概要 ワーク・ライフ・バランス(WLB)の推進と男女共同参画社会の形成が日本の重要な政策課題の一つとなる中、家族介護者のWLBへの着目が集まっている。本稿は、総務省統計局「平成23年社会生活基本調査」A票のデータを加工分析し、中高年男女の家族介護者のWLBをめぐる諸課題を明らかにすることを目的としたものである。主な結果として、65歳以上の家族の介護者においては60代女性の介護時間が最長であること、有業・正規雇用の40代・50代の女性の全労働時間(有償労働時間と無償労働時間の合計)は男性のそれを、平均で20分から45分も上回ることが明らかとなった。家族介護者のWLBをはかるためには、公的介護保険サービスの充実とともに、家族介護者支援の法制化などが望まれる。
ISSN 1348-0103