ノグチ トモタカ    NOGUCHI Tomotaka
   野口 朋隆
   所属
人間文化学部 歴史文化学科
 
生活機構研究科 生活文化研究専攻
   職種
准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2011/10
形態種別 単行本
標題 『近世分家大名論』
執筆形態 単著
出版社・発行元 吉川弘文館
巻・号・頁 1-286頁
概要 本書は、佐賀藩鍋島家を素材として、近世大名家の本家と分家の関係性について明らかにするとともに、幕府と藩の関係についても検討を加えたものである。また、本分家の関係性について、本家を上位者、分家を下位者とする同族的秩序が創出されていく過程を、法の制定、領内支配、軍事的統率、歴史による正統性の創出などといった側面から明らかにした。