ノグチ トモタカ    NOGUCHI Tomotaka
   野口 朋隆
   所属
人間文化学部 歴史文化学科
 
生活機構研究科 生活文化研究専攻
   職種
准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2007/03
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 「『三家格式』再考」
執筆形態 単著
掲載誌名 『小城市立歴史資料館・小城市立中林梧竹記念館 調査研究報告書』
巻・号・頁 (2),25-36頁
概要 本稿は、鍋島家の本分家関係について、従来、本家による支配が確立した出来事として捉えられてきた「三家格式」の成立について再検討を行ったものである。検討の結果、幕府という強大な権力を前に、本家と分家がともに共同体としての「御家」という枠組を維持しながら、その存続を図っていた点を明らかにした。